カツオ腹皮の塩焼き

今夜はカツオの腹皮を塩焼きしてみました。マグロならトロの部分ですね。

カツオでは一番脂がのった旨いところです。

三枚おろしにすると捨ててしまうことも多いのですが、ここはやっぱり食べなきゃもったいないです。きれいに洗って塩をふって焼くだけなので、調理の手間もかかりません。

ただし、焼き加減が大切です。

焼きすぎると身が固くなるので、ふっくらと焼き上げることだけ気をつけて焼くと美味しくいただけます。

写真は今夜の晩飯です。

メニューは、炊き込みご飯・天ぷら・かぼちゃの煮物・お豆腐です。子どもたちの魚は鮭の塩焼きです。今夜も最高の晩飯でした。

宮崎特産の平兵衛酢(ヘベス)

ご飯のおかずにはなりにくいカツオの腹皮ですが、焼酎の肴にはもってこいの逸品です。塩焼きすれば焼酎がグビグビすすみます。

そしてさらに、この時期に収穫されるヘベスをかければ、もう何もいりません。このブログでも時々出てきますが、平兵衛酢は何にでもよく合う万能酢です。

徳島県の方では「すだち」が有名ですが、平兵衛酢の方が上品です(笑)ぜひ一度、お試しください。

¥1,140 (2022/11/28 03:40:29時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク
おすすめの記事