タイラバ釣りは、マダイをターゲットとした人気の釣り方ですよね。ロッドに求められる機能も多いため、タイラバロッドはその用途に特化して設計されています。

とはいえ、すべてのアングラーが専用ロッドを購入するわけにはいきません。そのため、この記事では他のロッドで代用する方法を考えてみたいと思います。

タイラバ専用ロッドの特徴とその必要性

主な特徴としては、全体がしなやかなロッドなので船の揺れや波の動きでルアーが動きにくいため、魚に警戒心を与えずに自然な動きを演出できることです。

また、タイラバロッドのしなやかさはフッキング率を高め、暴れた魚の力を吸収してフックが外れにくいといった利点もあります。

さらには、タイラバ専用ロッドはバランスが取りやすく長時間の釣りでも疲れにくい設計になっているため、快適に釣りを楽しむことができるんですね。

このように、タイラバ釣りにおいてタイラバロッドは最適なパフォーマンスを発揮するために必要不可欠なアイテムと言えます。

エギングロッドはタイラバに代用できる?

タイラバ釣りにおいて、エギングロッドを代用することは可能ですが、いくつかの条件を満たす必要があります。

エギングロッドは基本的にイカ釣り用に設計されているため、何も考えずにタイラバに使ってもロッドの破損だけでなく釣果も左右します。

先端の柔らかさ

タイラバ釣りに適したエギングロッドは、先端が柔らかく全体にしなりがあり、7フィート前後の長さが理想的です。

タイラバ特有の繊細なアクションを再現しやすいだけでなく、マダイのデリケートなアタリも感じ取りやすくなります。

そのため、エギングロッドをタイラバに代用するときは「柔らかさ」と「長さ」をポイントに選ばないといけません。

ロッドパワー

次に、ロッドのパワーです。エギングロッドは基本的に軽量なルアーを扱うために作られています。

そのため、タイラバのような比較的重いルアーを使うとき、はML(ミディアムライト)からM(ミディアム)程度のロッドのパワーが必要です。

柔らかいロッドでありながら、タイラバの重さに対応して適切に操作できるロッドパワーがなければタイラバには不向きと言えます。

使用リール

また、エギングロッドをタイラバに代用する際は、使用するリールも考慮する必要があります。

エギングでは一般的にスピニングリールを使用しますが、タイラバ釣りではベイトリールが一般的です。

スピニングリールを使用する場合は、そのドラグ性能や巻き上げ力がタイラバ釣りに適しているか確認することが重要です。

このように、エギングロッドをタイラバに代用する場合はいくつかの条件を満たす必要がありますが、条件をクリアすればタイラバ釣りの代用ロッドとして楽しむことが可能となります。

代用が可能なロッドの種類と特性

エギングロッドだけでなく、他のロッドでもタイラバロッドに代用できるロッドにはいくつか種類があります。ここでは、エギングロッド以外でタイラバ釣りに適しているロッドについて解説していきます。

ティップランロッド

ティップランロッドはエギングロッドの一種で、主にティップランエギングに使用されます。

ティップランロッドは、先端の感度を非常に高く設計しているため、タイラバでの細かいアタリを感じ取るのに適しています。

リスクとしては、ティップランロッドはイカ釣り専用に設計されているので、タイラバ用の重いルアーを使うとロッド破損につながることです。

バチコンロッド

バチコンロッドは主にバチコン釣り(底物を狙う釣り)に使われるロッドです。このロッドもタイラバの代用として使用可能です。

強いバットパワーを持っているバチコンロッドは、大きな魚に対しても十分な対応が可能です。

ただし、バチコンロッドは先端が硬めに設計されているロッドが多いので、タイラバの繊細なアクションを出すのが難しい場合があります。

ライトジギングロッド

ライトジギングロッドは、比較的軽いジグを使うジギング釣りに適しているのでタイラバの代用として利用できます。

また、ライトジギングロッドはしなやかでありながらも一定のパワーを持ち合わせているため、タイラバのような比較的重いルアーを扱うのにも適しています。

以上、簡単に代用ロッドについてまとめてみました。

タイラバ釣りに代用する場合は、それぞれのロッドが持つ特性を理解し、タイラバ釣りのニーズに合わせて選択することが重要です。

そして、代用するときはロッドのパワー・長さ・しなり具合を考慮して選ぶ必要があります。

おすすめのタイラバ代用ロッド6選

タイラバロッド代用ロッドで人気の商品を12選厳選チョイスして解説していきます。どんなタイラバ代用ロッドがあるか気になるときは、ぜひチェックしてみてください。

6.【シマノ】ゾディアス166ML

全長 1.98m
自重 95g
ルアーウェイト 5~15g
リールの種類 ベイトリール

ゾディアス166MLの特徴

シマノのゾディアス 166MLは、その高感度とパワーを兼ね備えた設計がタイラバ代用ロッドとしても優れた能力を発揮する1本です。

カーボンモノコックグリップを搭載して水中の微細な変化を手元にダイレクトに伝えるので、真鯛の微妙なアタリも感じ取りやすくなっています。

また、ハイパワーX構造によってロッドのネジレを抑えたより正確なキャストとパワフルなフッキングで真鯛の硬い顎にもしっかりと掛けることが可能です。

1本でいろんな釣りを楽しめるので、コストパフォーマンスとしても高いロッドと言えます。

口コミを見る

166ML‐G/2をクランキング用に購入。良くたわみながらも感度が良く理想的。おかっぱりからワイルドハンチなど5~10gのクランクを投げるのに使っています。スプールの軽いリールを使ってこの竿で投げるとバックラッシュも少なく距離がしっかり出ます。クランクを使いたい風の強い日も非常に使いやすいです。まだ、そんなに掛けてないからバラシ率は分からないけど、良く追従しているので問題なさそう。これからの時代は巻物ロッドはグラスを混ぜて調子を整えたものだけで良いのでは。わざわざカーボンのみとか重いグラスのみじゃなくても。私はグラスコンポジット推奨です。時代を先取りした良い竿だと思います。

出典:Amazon

 

5.【メジャークラフト】ソルパライカメタルSPXJ-B662MNS/ST

全長 1.95m
自重 -
ルアーウェイト 60-150g
リールの種類 ベイトリール

ソルパライカメタルSPXJ-B662MNS/STの特徴

メジャークラフトのソルパライカメタルモデルSPXJ-B662MNS/STは、6.6ftでMクラスの硬さを持っており、35〜75gの鉛スッテに対応しているロッドです。

そのため、タイラバのウェイトにも対応でき、船の揺れに強く感度が高いことからタイラバ代用ロッドとしても活躍が期待できます。

ロッドもそこそこ硬く操作性もいいので、タイラバ釣りでのフッキングやアタリの感知にも適しています。

口コミを見る

昨夜、初めて実釣に臨みました。
良かった所は
1.穂先の蛍光イエローがとても見やすい。
2.20〜30号のスッテを使用したが、強めの先調子のため当たりがとても取りやすい。
3.イカが乗ると胴部もよく曲がりバレにくい。
4.軽い
悪かったところは今のところ無いですね。
耐久性等はまだ分かりません。
予備竿として購入しましたが性能は十分ですね。
おすすめできます。
高い竿を1本買うよりこのクラスの竿を調子を変えたもの複数本買った方が楽しめるかも知れません。

出典:Amazon

 

4.【シマノ】サーベルチューンBB B66ML

全長 1.98m
自重 112g
ルアーウェイト 40~150g
リールの種類 ベイトリール

サーベルチューンBB B66MLの特徴

シマノサーベルチューンBB B66MLはタチウオジギングに最適設計されたロッドで、繊細なティップがジグの動きをマイルドにコントロールします。

また、強靭なバットが迅速なフッキングをサポートして、その粘り強さと感度の高さはタイラバ釣りでも大きなメリットとなります。

小型から中型のタイラバに適しており、潮流の変化や底質の違いを感じ取りやすいため繊細なアタリを捉えるのに役立ちます。

さらに、リアグリップはフラット仕様で、長時間の使用でも疲れにくく、安定した操作が可能です。

タチウオ専用として設計されていますが、その操作性や機能性を生かしてタイラバ釣りにも応用可能な1本と言えます。

口コミを見る

8000円少々で買えるロッドならば文句ありません。
私の手には鏡牙よりもサーベルチューンbbの方が握りやすく使いやすいです。
握った感覚が違うので実店舗で試すことをオススメします。

出典:Amazon

 

3.【メジャークラフト】トリプルクロス鉛スッテSPXJ-B662MNS/ST

全長 1.98m
自重 112g
ルアーウェイト 35-75g(鉛スッテ)
リールの種類 ベイトリール

トリプルクロス鉛スッテSPXJ-B662MNS/STの特徴

このロッドはイカメタル専用設計で、感度が高くアタリを取りやすいのが特徴です。

4軸カーボンとクロスフォースを組み合わせた強靭なブランクスは誘いと停止の動作が明確で、SIC-Sリング搭載のKガイドがライントラブルを防ぎます。

タイラバ釣りにおいては、このロッドの高い感度と強靭なバットがアタリを明確に感じ取り、しっかりとフッキングするのに役立つため代用ロッドとしても有効です。

イカメタル用のロッドは感度が高く小さなアタリも逃さないため、タイラバ釣りの繊細な誘いにも対応可能です。

口コミを見る

ハード仕様を購入(TCX-B662H/NS)
イカメタルロッドを初めて購入。
アカイカに使用しましたが、感度がよく、前兆の触りから本アタリまで、感じることができました。
次回は、ミディアム仕様との2本持ちで釣行に臨みたいと思います。

引用元:Amazon

 

2.【シマノ】ライトゲームBB TYPE64M200

全長 2m
自重 102g
ルアーウェイト -
リールの種類 ベイトリール

ライトゲームBB TYPE64M200の特徴

シマノのライトゲームBB TYPE64M200は船釣り専用の手持ちロッドですが、、感度と軽さを兼ね備えていることからタイラバ釣りにも代用可能です。

このロッドは、コマセの振り出しや小さなアタリの判別に優れており、特に海底近くを狙う釣りでその性能を発揮します。

また、不意の大物とのファイトでもバットパワーを活かして対応できるため、タイラバ釣りでの大マダイなどの扱いにも最適です。

また、このロッドの特性としてアタリを弾かずしっかりとフックセットするため、タイラバ代用ロッドとしてもターゲットへの迅速かつ効果的なアプローチが期待できます。

タイラバ釣りの幅を広げたいアングラーにとって、コストパフォーマンスも含めて魅力的な1本と言えます。

口コミを見る

ヒラメ用に購入していざ船へ
80号錘使用でしたが竿のしなり具合、扱い易さ、感度特に問題なくコスパ最高ですね。
イワシの動きもしっかり伝わってきました。
ヒラメは釣れませんでしたが…
70cmのワラサも問題なくキャッチ
太刀魚に切替て120gのジグでスタート
手返しもよくドラゴン級含めて34本入れ食いでした。
扱い易く大物にも耐えられそうでお勧めの一本です。

出典:Amazon

 

1.【シマノ】炎月一つテンヤマダイBB240MH

全長 2.4m
自重 102g
ルアーウェイト 2~15(錘負荷)
リールの種類 スピニングリール

炎月一つテンヤマダイBB240MHの特徴

シマノの炎月 一つテンヤマダイ BB 240MHは、特にタイラバ釣りに代用としておすすめできるロッドです。

ハイパワーX構造の採用でブランクスにしっかりとした芯を持ちつつカーボンテープで補強されているので、ブレを大幅に抑えることができます。

そのため、キャスト性能もよく真鯛の強い引きにもしっかりと対応できます。

また、ソフチューブトップが軽量で高感度な上に柔軟性もあるため、小さなアタリも逃さずタイラバの繊細なアクションにも対応します。

タイラバ釣りでの誘いやアタリの感知に優れ操作性も高く、長時間の使用にも疲れにくい設計となっています。

このようなことから、シマノの炎月 一つテンヤマダイ BB 240MHはタイラバ代用ロッドとして高いパフォーマンスを発揮する1本と言えるでしょう。

口コミを見る

とにかくパワーがすごい。シャクリ負けもしません。
持ち重りも(無印18炎月ひとつテンヤマダイに比べたら)しません。
(エクスチューンとは同等の印象です)
小さい鯛も楽しみたいなら、エクスチューン以下の機種を選んだほうが
バラしも少なく幸せになれます。
大きい鯛だけ狙ったり、リアクション的な釣りをメインにしたいなら
このロッドは断然おすすめです。
釣りのスタイルやシチュエーションを選ぶ竿なので、星4つとしました。

出典:Amazon

代用ロッドの限界と注意点

タイラバロッドを代用する場合には、そのロッドが元々持つ特性や限界を理解し、適切な使用を心がける必要があります。ここでは、代用ロッドを使用する際のいくつかの注意点を挙げてみます。

パワー不足に注意

エギングロッドやバチコンロッドなどタイラバ専用ロッドではないロッドは、タイラバを操作にはパワー不足の可能性があります。

水深のあるポイントや強い潮流エリアでは顕著になる問題で、大型のマダイがかかるとパワー不足でロッドが折れるリスクも高まります。

そのため、代用で使用する場合は環境やターゲットに合わせて慎重に選ぶことが大切です。

ロッドの破損リスク

タイラバ専用でないロッドは、そのロッドが設計されている目的外の使い方をすると破損のリスクが高まります。

特に、ティップが非常に細いロッドで本来より重いルアーを使用すると、ロッド先端部分が折れることがあります。

そのため、タイラバはロッドの許容範囲内での使用を心がけましょう。

感度の違い

タイラバ専用ロッドは、非常に細かい真鯛のアタリを感じ取るように設計されています。そのため、代用ロッドでは細かいアタリを感じとれないことがあります。

感度が高いエギングロッドといえどタイラバ釣り特有のアタリを捉えにくいことも多くあるので、その点を理解した上で使用することが重要です。

適切なリールの選択

タイラバ釣りではベイトリールの使用が一般的ですが、代用ロッドではスピニングリールを使用せざるをえないこともあります。

スピニングリールでは、リールのドラグ性能やリトリーブの速度などがタイラバ釣りに適していないこともあります。

このように、タイラバロッドを代用するときはロッドの特性を十分に理解し、釣りの状況に合わせて最適なロッドを選ぶ必要があります。

専用ロッドが最適なパフォーマンスを発揮するのは当然ですが、ロッドの性能を理解して使えば代用ロッドでも十分に楽しむことができるでしょう。

楽天市場でおすすめのタイラバロッド

まとめ

今回の記事では、おすすめのタイラバ代用ロッドを6選して解説してきました。もしどれにするか迷ったらシマノ炎月一つテンヤマダイBB240MHがおすすめです。

ランキングでも1位にしましたが、とっても人気があるので早期売り切れも必須です。気になる方はシマノ炎月一つテンヤマダイBB240MH←をクリックして、公式サイトで商品の詳細を確認してみてください。

チェックおすすめのタイラバ代用ロッド3選をもう一度チェックする!

スポンサーリンク
おすすめの記事