曳き縄仕掛けの作り方記事一覧

潜行板潜行板トローリング(引き縄)に潜行板は欠かせない存在です。タコベイトで作ったルアーを海中(中層域)まで沈めて、さらに動きまでつけてくれるという大変優れたトローリングの道具です。しかしながら、その調整次第では釣れる板にもなれば釣れない板にもなるという大変難しい道具でもあります。かくいう私自身も潜行板に関してはまだまだ勉強中ありますので、ここではあくまでも基本的な範囲でご説明いたします。この潜行...

一般的なヒコーキ潮切りヒコーキヒコーキは、曳き縄仕掛けのルアーを海面表層で流す時に使う補助具のことです。一般的には上の写真のようなヒコーキを使います。両側にヒコーキの翼のように水切りが出ていてるその形状から、ヒコーキと一般的に言われています。ヒコーキの使い分け曳き縄で一般的によく使われているのが上の写真左側のヒコーキです。しかしながら、ヒコーキにもいくつか種類があり魚種によって使い分けています。た...

■マッコウクジラの歯私の宝物のカグラです。これらはマッコークジラの歯を削ったものです。私は主にカツオのトローリングに使っています。なくすともったいないので使う時は別の緊張感でドキドキしています。■メキシコ貝これはメキシコ貝を張り合わせたものです。安価なうえにどこでも手に入りやすく釣果もそこそこあるという大変優れもののカグラです。一般的にどこの漁師さんも使われているカグラだと思います。■ガラス製のル...

曳き縄で使うフックには、2本又から4本又までありそれぞれに特徴があります。ちなみに、写真のフックは針が2つに別れているので2本又といいます。フックのサイズですが、あまり大きすぎても逆に小さすぎてもいけません。使うタコベイトの大きさに合わせてスカートに程よく隠れる程度の大きさのフックを選んでください。フックは釣りにおいて非常に大切な道具です。釣行後は必ず水洗いして大切に使いましょう。

タコベイトのセッティング方法です。作り方は簡単でカグラとタコベイトと細い糸(巻きそ)があれば誰でも簡単に作ることができます。あらかじめセットされた市販品もありますが、少し割高なのと、気に入った色の組み合わせができなかったりしてなにかと不便です。なのでこの機会に作っちゃいましょう。そうすれば自分の気に入ったカグラとタコベイトの組み合わせでオリジナルのルアーを作ることができます。自分で作ったルアーに魚...

ここでは引き縄仕掛け(トローリング)で使う道糸の作り方と補助具の接続について説明します。と言っても特にすることはありません。道糸とスナップ(もしくはダルマクリップ)があれば誰にでもすぐできます。以前は別の方法で補助具と道糸を接続していたのですが、現在ではスナップを使う事によって簡単に作れるようになりました。強度的にも特に問題はないようです。参考までに以前の作り方も簡単に載せておきますので興味のある...

引き縄仕掛けを作るためには、最低限必要な道具や小物を購入しなくてはいけませんが、それほど高価なものは必要ありません。また、これらの道具はそう度々買い換えることもない一生モノなので、長い目でみれば、市販の完成品の引き縄仕掛けを購入するより安くつくと思います。引き縄に使う小物類ですが、これらは漁協で購入することもできます。漁協では、必要な量をバラで、しかもショップより安価で購入できるものもあるので、一...