マイボート 購入費用

スポンサードリンク

マイボートの購入にかかる費用

マイボートの購入について、私がよく質問される事や皆さんが疑問に思われることなどをまとめてみました。まわりの人からは、「船ってお金かかるやろ」とよく質問されますが、こうしてみるとほんとかかりますね。マイボートの購入においては、よく気をつけておかないと後々思わぬ出費につながります。

 

これからマイボートの購入をお考えの皆さんは、マリーナ関係者や業者さんには遠慮なくどしどし質問し、失敗のないマイボートの購入を心掛けてください。以下にマイボート購入時にかかる費用をまとめてみましたので参考にしてください。

 

  • 船体価格
  • エンジン価格(船外機の場合はエンジンは別料金))
  • 艤装費用
  • 法定備品費用
  • 船舶検査費用(大きさで変わる)
  • 進水諸経費(クレーン費等)
  • 運送費
  • 船舶保険料(任意)
  • 消費税(5%)

 

中古船の場合だと、検査の有効期間内であれば検査費用は要りません。また、法定備品があったり、艤装の必要がない船であればこれらが大きな費用の節約となります。
とにかく業者から詳しい見積もりを取り、思わぬ出費のないようにしたいものです。

スポンサードリンク

関連ページ

マイボート購入時の手続き
マイボートを購入した場合の検査について説明しています。マイボートの検査は2種類あります。
マイボートの登録制度と船舶保険
マイボートとして、漁船やモーターボートなどを購入した際に必要な手続きとして、船舶の登録制度や船舶保険などがあります。
マイボートの燃料代
自分の船で釣りに行くのはたまらなく楽しいものですが、燃料代がかさむのが悩みのタネです。けれど、軽油を燃料とするディーゼルエンジンであれば免税が受けられる分お得になります。