曳縄 ヒコーキ

スポンサードリンク

曳縄のヒコーキ仕掛け

一般的なヒコーキ 潮切りヒコーキ

ヒコーキ

潮切りヒコーキ

ヒコーキを使った曳き縄仕掛けは、表層でルアーを流す時に使う道具です。この場合上の写真のような補助具を使います。

 

両側にヒコーキの翼のように水切りが出ていることからヒコーキと一般的に言われています。このヒコーキを使った曳き縄仕掛けですが、浅い水深を引く仕掛けのため、夜が明ける前や夕暮れ時の方が効果があるようです。日中はあまり釣れません。

 

ヒコーキを引っ張ると、羽が波を切って波しぶきを立てながら進んでいきます。初めて使った時には妙な感動を覚えました。この波しぶきが、あたかも小魚をボイルしているかのような、そんな錯覚を魚に与えているのかもしれませんね。

 

さて、この引き縄仕掛けですが、私が教えてもらったのは、先端までに数本の枝針を出す仕掛けです。けれど、こんなに欲張らなくてもいいと思います…。

 

また、過去の私の釣行でも 、せいぜい2匹くらいしか魚はかかった事がありません。なので1本だけの仕掛けでもなんら問題はないと思います。まずは1本から作ってみましょう。

曳き縄のヒコーキ仕掛け 枝針の場合

ヒコーキ仕掛け

 

  • ハリスの長さ:補助具(ヒコーキ等)から、5ヒロ・2ヒロ・2ヒロの順に枝を出し最後は3ヒロとる
  •  

  • 枝針の長さ:矢引き程度

曳き縄のヒコーキ仕掛け 1本針の場合

  • ハリスの長さ  ヒロ

曳き縄仕掛けのヒコーキへの取り付け部分

ヒコーキと道糸の取り付け部分
■ヒコーキと道糸の取り付け部分です。

 

ヒコーキと道糸の取り付け部分
■ヒコーキの後ろ側には仕掛けを取り付けますが、このようにヒモを10cm程度とるか、ヒモの代わりにブランチハンガーを使用します。

 

ヒコーキに道糸を取り付ける

曳き縄仕掛け ヒコーキへの取り付け方

ヒコーキに取り付ける白いヒモ(マグロコード)は漁協や漁具店で売っています。写真のように細いヒモ(茶色の部分)できつくしばってください。ここがゆるいとヒコーキの効果が弱まります。

 

ヒモに取り付けてある金具も漁協に売っています。ヒコーキの大きさは、船の大きさにもよりますが中型であればたいていの魚種には対応できると思います。頑張って作ってみましょう。

 

仕掛けの取り付け1
■仕掛けのわっかにヒコーキから伸びているヒモを通します

 

仕掛けの取り付け2
■写真の通りにくぐらせてください

 

仕掛けの取り付け3
■同じようにもう1回くぐらせれば完成です

スポンサードリンク

関連ページ

曳き縄の仕掛け作りに必要な道具
引き縄のし掛け作りで必要な道具を紹介します。本格的な引き縄の漁師さんはすべての仕掛けを自作するので、まだまだたくさんの道具が引き縄には必要ですが、アマチュア引き縄釣師にはこれだけの道具があれば十分です。
曳き縄の道糸を作る
道糸の作成方法を紹介します。引き縄で使う道糸は釣具店でも購入できます。スナップを使わない頃は写真のように道糸を作成していましたが、最近はスナップを使うので道糸の作成も楽になりました。
タコベイトとルアーヘッド(カグラ)の接続
タコベイトにフックやヘッドを装着する方法を紹介します。タコベイトは色によって食いの差が出るようです。そのため、タコベイトにも十分な研究が必要です。タコベイトが完成したらいよいよ出漁です。頑張りましょう。
タコベイトとフックの接続
曳き縄仕掛けで使うルアーのタコベイトにフックとハリスを取り付ける方法です。
曳き縄で使用する小物
曳き縄で使用する小物やトローリングヘッドなどを紹介しています。まだ少ないアップですが順次掲載予定です。
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方を説明します。潜行板は曳き縄でも特に難しい仕掛けで、釣果に差が出るデリケートな仕掛けです。潜行板の作り方をマスターしても、船ごとに調整しなければならないのが潜行板の特徴です。