曳縄 道具

スポンサードリンク

曳縄で使う道具

マッコウクジラの歯
■マッコウクジラの歯
私の宝物のカグラです。これらはマッコークジラの歯を削ったものです。私は主にカツオのトローリングに使っています。なくすともったいないので使う時は別の緊張感でドキドキしています。

 

メキシコ貝
■メキシコ貝
これはメキシコ貝を張り合わせたものです。安価なうえにどこでも手に入りやすく釣果もそこそこあるという大変優れもののカグラです。一般的にどこの漁師さんも使われているカグラだと思います。

 

ガラスのルアーヘッド
■ガラス製のルアーヘッド
これは私が初めてトローリングを始めたときに買った思い出のあるカグラです。これでも十分食ってくれました。今では初夏のアカバナ(カンパチの幼魚?)釣りに使っています。
他のカグラに負けない釣果もあるのですが、道具にこだわりをもちはじめるとどうしても2番手になってしまいます。

 

白鳥貝
■白鳥貝
潜行板仕掛けに使っています。常に1軍で使用している高実績のヘッドです。

 

その他の小物

潜行板の調整ゴム
■潜行板用ゴム板
潜行板のゴム板です。専用のモノが販売されています。

 

鳥の羽
■鳥の羽
おもに下の魚皮と組み合わせてルアーを作るときに使っています。

 

魚の皮
■魚の皮
シイラの皮を乾燥させたものです。シャクリといわれる釣り方でよく使います。

 

トローリングスナップ
■トローリングスナップ
これがあると仕掛けを取り替えるときにワンタッチで取替えられます。道糸を作成する時も手間が省けて楽になりました。

スポンサードリンク

関連ページ

曳き縄の仕掛け作りに必要な道具
引き縄のし掛け作りで必要な道具を紹介します。本格的な引き縄の漁師さんはすべての仕掛けを自作するので、まだまだたくさんの道具が引き縄には必要ですが、アマチュア引き縄釣師にはこれだけの道具があれば十分です。
曳き縄の道糸を作る
道糸の作成方法を紹介します。引き縄で使う道糸は釣具店でも購入できます。スナップを使わない頃は写真のように道糸を作成していましたが、最近はスナップを使うので道糸の作成も楽になりました。
タコベイトとルアーヘッド(カグラ)の接続
タコベイトにフックやヘッドを装着する方法を紹介します。タコベイトは色によって食いの差が出るようです。そのため、タコベイトにも十分な研究が必要です。タコベイトが完成したらいよいよ出漁です。頑張りましょう。
タコベイトとフックの接続
曳き縄仕掛けで使うルアーのタコベイトにフックとハリスを取り付ける方法です。
曳き縄のヒコーキ仕掛けの作り方
引き縄仕掛けの作り方を紹介します。引き縄仕掛けには、潜航板とヒコーキと呼ばれる2つの補助具を使った仕掛けがあります。引き縄仕掛けは簡単に作れます。自作の引き縄仕掛けで釣れるとやみつきになります。
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方を説明します。潜行板は曳き縄でも特に難しい仕掛けで、釣果に差が出るデリケートな仕掛けです。潜行板の作り方をマスターしても、船ごとに調整しなければならないのが潜行板の特徴です。