曳縄 ルアーヘッド

スポンサードリンク

引縄のルアー作り

タコベイト

 

タコベイトのセッティング方法です。作り方は簡単でカグラとタコベイトと細い糸(巻きそ)があれば誰でも簡単に作ることができます。

 

あらかじめセットされた市販品もありますが、少し割高なのと、気に入った色の組み合わせができなかったりしてなにかと不便です。なのでこの機会に作っちゃいましょう。

 

そうすれば自分の気に入ったカグラとタコベイトの組み合わせでオリジナルのルアーを作ることができます。自分で作ったルアーに魚が食った時の喜びはひとしおです。皆さんも是非挑戦してみてください。

タコベイトとカグラの取り付け方

タコベイトの頭を切る
■タコベイトの頭をハサミで少し切ります。

 

ルアーヘッドを押し込む
■切ったところにカグラを入れてタコベイトが裏返るまでそのまま押し込みます。押し込むときに家庭用洗剤を少し塗るとすべりが良くなります。

 

さらにルアーヘッドを押し込む
■押し込んで裏返ったところです。(タコの目は裏側にあります。)

 

糸で縛る
■糸でグルグル巻いて固定します。

 

接着する
■巻いた糸の結び目部分に瞬間接着剤をたらすと糸が解けません。

 

完成
■ひっくり返して完成です。

スポンサードリンク

関連ページ

曳き縄の仕掛け作りに必要な道具
引き縄のし掛け作りで必要な道具を紹介します。本格的な引き縄の漁師さんはすべての仕掛けを自作するので、まだまだたくさんの道具が引き縄には必要ですが、アマチュア引き縄釣師にはこれだけの道具があれば十分です。
曳き縄の道糸を作る
道糸の作成方法を紹介します。引き縄で使う道糸は釣具店でも購入できます。スナップを使わない頃は写真のように道糸を作成していましたが、最近はスナップを使うので道糸の作成も楽になりました。
タコベイトとフックの接続
曳き縄仕掛けで使うルアーのタコベイトにフックとハリスを取り付ける方法です。
曳き縄で使用する小物
曳き縄で使用する小物やトローリングヘッドなどを紹介しています。まだ少ないアップですが順次掲載予定です。
曳き縄のヒコーキ仕掛けの作り方
引き縄仕掛けの作り方を紹介します。引き縄仕掛けには、潜航板とヒコーキと呼ばれる2つの補助具を使った仕掛けがあります。引き縄仕掛けは簡単に作れます。自作の引き縄仕掛けで釣れるとやみつきになります。
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方を説明します。潜行板は曳き縄でも特に難しい仕掛けで、釣果に差が出るデリケートな仕掛けです。潜行板の作り方をマスターしても、船ごとに調整しなければならないのが潜行板の特徴です。