曳縄 道糸

スポンサードリンク

曳縄の道糸を作る

ここでは引き縄仕掛け(トローリング)で使う道糸の作り方と補助具の接続について説明します。と言っても特にすることはありません。道糸とスナップ(もしくはダルマクリップ)があれば誰にでもすぐできます。

 

以前は別の方法で補助具と道糸を接続していたのですが、現在ではスナップを使う事によって簡単に作れるようになりました。強度的にも特に問題はないようです。参考までに以前の作り方も簡単に載せておきますので興味のある方は作られてみてください。

 

それではまず道糸を選んでみましょう。道糸も接続する補助具によっていくつか種類が分けられています。カツオコードやマグロコード、トト糸というものはすべて曳き縄で使用する道糸で、それぞれ価格も違います。

 

私は全て同じ道糸ですが、金額的に余裕のある方は色々選んでみてください。道糸ができれば引き縄仕掛けもほぼ完成です。頑張って作ってみましょう。

曳き縄の道糸を選ぶ

道糸の太さですが、狙う魚がカツオの場合だとヒコーキ用のコードが80〜100号程度、潜行板用のコードが60〜70号程度が一般的です。私のは全て120号を使っています。

 

しかし残念ながらまだこの道糸が切られるほどの大物には遭遇しておりません…。以前の作り方を参考にされる方はこんな糸が必要です。

 

巻き糸

 

一生かかってもこんなに使いきれませんが、これしか売ってなかったのでので仕方なく購入しました。けど値段はそれほど高くなかったと思います。

 

あとは、ステンレスの鋼線が1m程度と瞬間接着剤が多量に必要です。鋼線は2mmくらいの太さでいいと思います。ペンチでやっと曲がるくらい硬さのものを選んでください。

曳き縄の道糸 ダルマクリップを使用した作り方

潜行板を通す
■ダルマクリップに道糸を通して、わっかを作ります。この時作るわっかは、潜行板がくぐれるほどの大きさにしてください。プレッサーでしっかりと圧着します。

 

拡大図
■圧着部位の拡大図
この方法だと手間はかかりませんが、なんとなくすっぽ抜けそうで怖い気がします。そのため、この仕掛けでは小物を対象にした曳き縄でしか使っていません。

曳き縄の道糸 漁師の作り方

完成図
■完成図(これを元に作ってみましょう)
巻き始め
■左側の線の部分からが巻き始めです。右側の線まで約3〜4cmです。

 

糸を巻く
さらに糸を巻く
■隙間があまり空かないように、右側の線まで密に巻いていってください。道糸の青いラインですが、これはマグロコードの120号です。これくらいあれば大体の魚はとれると思います。

 

ステンレス鋼線
■ステンレスの鋼線を10〜15cm程度準備します。写真は曲がっていますが、頑張ってまっすぐにしてください。鋼線はペンチでやっと曲がるくらいの硬さでなければいけません。

 

ハーフピッチで止める
■右側の線まで巻いたら、ハーフピッチ等で簡単に止めて真ん中で折り曲げてください。糸がほどけなければどんな結び方でもいいです。

 

しっかり巻く
■糸をとめたら鋼線を上に乗せます。この時わっかから少しだけ鋼線の先端を出してください。

 

さらに巻く
■鋼線の先をわっかから少し出して、(下の写真を参照)鋼線と道糸を一緒に巻き込みます。巻き終わったら赤糸の部分を満遍なく瞬間接着剤で固めます。

 

取り付けた写真
■取り付け方
ヒコーキや潜行板をこのように取り付けて完成です。
抜けそうですが抜けない漁師の知恵です。曳き縄中に潜行板がいたんだら別の潜行板に取り替えて使います。また、他の仕掛けにも転用できるのです。

スポンサードリンク

関連ページ

曳き縄の仕掛け作りに必要な道具
引き縄のし掛け作りで必要な道具を紹介します。本格的な引き縄の漁師さんはすべての仕掛けを自作するので、まだまだたくさんの道具が引き縄には必要ですが、アマチュア引き縄釣師にはこれだけの道具があれば十分です。
タコベイトとルアーヘッド(カグラ)の接続
タコベイトにフックやヘッドを装着する方法を紹介します。タコベイトは色によって食いの差が出るようです。そのため、タコベイトにも十分な研究が必要です。タコベイトが完成したらいよいよ出漁です。頑張りましょう。
タコベイトとフックの接続
曳き縄仕掛けで使うルアーのタコベイトにフックとハリスを取り付ける方法です。
曳き縄で使用する小物
曳き縄で使用する小物やトローリングヘッドなどを紹介しています。まだ少ないアップですが順次掲載予定です。
曳き縄のヒコーキ仕掛けの作り方
引き縄仕掛けの作り方を紹介します。引き縄仕掛けには、潜航板とヒコーキと呼ばれる2つの補助具を使った仕掛けがあります。引き縄仕掛けは簡単に作れます。自作の引き縄仕掛けで釣れるとやみつきになります。
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方を説明します。潜行板は曳き縄でも特に難しい仕掛けで、釣果に差が出るデリケートな仕掛けです。潜行板の作り方をマスターしても、船ごとに調整しなければならないのが潜行板の特徴です。