曳縄 仕掛け

スポンサードリンク

曳縄の仕掛け作り

引き縄仕掛けを作るためには、最低限必要な道具や小物を購入しなくてはいけませんが、それほど高価なものは必要ありません。

 

また、これらの道具はそう度々買い換えることもない一生モノなので、長い目でみれば、市販の完成品の引き縄仕掛けを購入するより安くつくと思います。

 

引き縄に使う小物類ですが、これらは漁協で購入することもできます。漁協では、必要な量をバラで、しかもショップより安価で購入できるものもあるので、一度は価格を調べてみるといいと思います。

 

その他の道具も同じです。自分で作ればそんなに高い買い物ではないと思うし、少しずつ集める楽しみもあります。ぜひ引き縄作りに挑戦してみてください。

曳き縄作成に必要な道具

ペンチ
■ペンチ
必ず使います。締め付けには数種類のダルマクリップが必要なので最低でもこの大きさが締め付けられるのを購入しましょう。
このペンチで使用できるダルマクリップの大きさ(2N〜5N))

 

ダルマクリップ
■ダルマクリップ
これを使ってハリス等をかしめます。ハリスの大きさによって使い分けてください。漁協でバラで買うことができます。

 

強化パイプ
■強化パイプ
フックの金属部分などがハリスと直接当たると摩擦でハリスが磨耗します。その保護として必ず使用します。

 

曳き縄のハリス
■ハリス
写真は40号ですが、狙う魚に合わせてハリスの太さは変わります。

 

曳き縄の道糸
■道糸
安価ですがこれで十分です。漁協で購入しました。これも狙う魚で太さは変わります。

 

曳き縄のフック
■フック
漁協で購入しました。丈夫なものなので、使用後は水洗いして大事に使えばかなりの期間使えます。刺さりが悪くなったらシャープナーで研いで使っています。サイズも色々あるので釣る魚の大きさで使い分けてください。

 

タコベイト
■タコベイト
いろいろと試して使っています。カラーは重要な要素なので研究しています。

 

巻きそ
■巻きそ
ヘッド(カグラ)にタコベイトを取り付けるときに巻きつけて使います。

スポンサードリンク

関連ページ

曳き縄の道糸を作る
道糸の作成方法を紹介します。引き縄で使う道糸は釣具店でも購入できます。スナップを使わない頃は写真のように道糸を作成していましたが、最近はスナップを使うので道糸の作成も楽になりました。
タコベイトとルアーヘッド(カグラ)の接続
タコベイトにフックやヘッドを装着する方法を紹介します。タコベイトは色によって食いの差が出るようです。そのため、タコベイトにも十分な研究が必要です。タコベイトが完成したらいよいよ出漁です。頑張りましょう。
タコベイトとフックの接続
曳き縄仕掛けで使うルアーのタコベイトにフックとハリスを取り付ける方法です。
曳き縄で使用する小物
曳き縄で使用する小物やトローリングヘッドなどを紹介しています。まだ少ないアップですが順次掲載予定です。
曳き縄のヒコーキ仕掛けの作り方
引き縄仕掛けの作り方を紹介します。引き縄仕掛けには、潜航板とヒコーキと呼ばれる2つの補助具を使った仕掛けがあります。引き縄仕掛けは簡単に作れます。自作の引き縄仕掛けで釣れるとやみつきになります。
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方
曳き縄の潜行板仕掛けの作り方を説明します。潜行板は曳き縄でも特に難しい仕掛けで、釣果に差が出るデリケートな仕掛けです。潜行板の作り方をマスターしても、船ごとに調整しなければならないのが潜行板の特徴です。