ジギングのライン

ショックリーダー PEライン

ショックリーダー

PEライン

船釣りやジギングで使うラインについて簡単に解説します。

 

これまでラインといえばナイロンが一般的でしたが、現在の船釣りやジギングではPEラインが多く使われています。それにはいくつもの利点があるからなのですが、PEラインが全てにおいて勝るというわけではありません。

 

ナイロンにはナイロンなりの利点もあるので、それぞれの性質をよく理解し失敗しないライン選びをしていきましょう。

PEラインの利点と欠点

PEラインの利点は、糸の伸びが少ないので感度がよく小さい当たりも見逃さない・強度に勝るためにナイロンよりも細いラインを使うことができる・マーキングがあるので正確なタナ取りができるといったことがあげられます。

 

しかしながら、値段が高い・伸びが少ないので口の柔らかい魚では口切れを起こしやすい・耐摩耗性に劣るという特徴があり、これらが欠点にもなります。

 

また、切れにくい反面伸びが少ないことから、急激な引っ張りで簡単に切れてしまうことがあるのも釣行時は気をつけておく必要があるでしょう。

PEラインについて考える

PEラインはナイロンよりも強度が勝るので、ナイロンよりも細いラインを使って釣りをすることができます。そのため、水切れがよくなり、特に船釣りにおいては仕掛けを投入した後の潮流による糸フケが少なくなります。

 

また、マーキングが1mごと施されてあるため、正確な棚取りができるのもこのラインの大きな利点でしょう。

 

ただ、細い糸を編みこんでラインを作るという構造上、どうしても耐摩耗性に劣るのが弱点です。加えて、値段が高いのが玉にキズなのと、糸の伸びが少ないので、魚がかかった時に口切れを起こしやくなるというところが欠点と言えば欠点かもしれません。

 

このように、全てにおいてPEラインに軍配があがるとは言えませんが、欠点よりも長所がまさるPEラインをセレクトすることが一般的なジギングではベターな選択かと思います。

 

最後にライン選びで注意することですが、乗り合いで乗船する時は他の釣り人と同じ太さのラインを使うのがマナーです。なぜなら、ラインが変わると仕掛けの流れも変わり、それがオマツリの原因となるからです。マナーを守って楽しい釣りを心がけてください。

ナイロンラインの利点と欠点

ナナイロンラインの利点は、しなやかでトラブルが少ない(ナブラ撃ちに向く)・柔軟性がありノットの相性がいい・伸縮率が高く口切れをふせぐといったところです。

 

逆に欠点もあり、利点である伸縮率がジグ操作には不向き・耐久性・耐摩耗性が低い・伸びが出るためアタリの感度が悪くなるというところでしょうか。

 

しかしながら、最近では道糸にもナイロンラインを使用したジギングはまずありえないと思いますので、リーダーで使用する場合のジグ操作についてはそれほど気にすることはないでしょう。

 

リーダーをフロロにするかナイロンにするか、ここは好みの問題になるかと思います。

ショックリーダーを考える

フロロ ナイロン

フロロショックリーダー

ナイロンショックリーダー

ショックリーダーは、ジギング等のルアーフィッシングにいては欠かす事のできない重要なラインシステムです。

 

ショックリーダーによってメインラインの強度を補うことで、必要以上に太いラインをメインに使う必要がなくなり、効率の良いジギングを展開できます。また、根ズレによるバラシを回避する上でもショックリーダーは大きな役割を担います。

 

現在ショックリーダーには、特別な場合を除きナイロンとフロロの二つの素材が使われていますが、この二つについて以下に簡単に説明します。

 

ナイロンをショックリーダーとして使用する場合

ナイロンは熱や摩擦に弱いのが弱点なので、それらを考慮して使用する必要があります。歯の鋭い魚や根ズレが考えられる場合には少し不安。

フロロカーボンをショックリーダーとして使用する場合

フロロカーボンはナイロンにない磨耗性があるので、歯の鋭い魚に対しても安心できる。しかし、ライン自体が硬いためノットに向かなかったり折れたような形でラインブレイクすることがある。

ショックリーダーの長さや太さ

ショックリーダーは、長すぎても扱いにくいものですが、逆に短くてもショックを吸収することができないので、魚の引きに対処できずブレイクしてしまいます。

 

私の場合だと4メートル程度を基準にしていますが、使うロッドの長さでも変わってくると思います。これはおおよその基準としてください。また、メインラインとの太さの関係も忘れてはいけません。目安はメインラインの強度の2〜3倍が適当と言えるでしょう。