ジギング ロッド

スポンサードリンク

ジギングロッド

バックボーン オシア

ジギングロッド

ジギングロッド

ジギングロッドを購入する場合の基準は、釣り場に合わせたジグウェイトを持つジギングロッドを選ぶ事です。

 

しかしながら、ロッドに表示してあるジグウェイトについてはそれほど厳密に守る必要はないと思います。なぜなら、フッキングしたときの魚はジグウェイト以上の力で引っ張って行くからです。

 

実際に私も、3オンスのジギングロッドで200g位までのジグをよくシャクっていますが、特にこれと言って問題になるような事はありません。もちろんそれ以上のジグは、さすがに竿先に負担がかかりジグをキビキビ動かす事ができませんが…。

 

これらの事から近海のターゲットで考えるなら、個人的には3〜6オンス程度のジギングロッドであればたいていの魚には対応できると思っています。

 

以下に大体の基準をまとめてみましたので参考にされてください。

ロッド選びの基準

〜2オンス 太刀魚やハマチクラスの小型のターゲットがメイン
2〜4オンス ブリやヒラマサの10kgくらいまでは対応できるロッド パヤオでも可能
3〜6オンス ブリ・ヒラマサやパヤオのキハダの大物に対応可能 5〜6オンスでは20kg以上でも対応可能 最も使用頻度が多い
4〜8オンス 上記と同じクラス程度 ブリ・ヒラマサ・カンパチ等の大物用ロッド
5〜12オンス 遠征の大物を手にできるクラスのロッドで近海では出番の無いロッドとも言える 60kgまでは対応可能だろう
7〜20オンス これも上記と同様近海では出番の無いロッド 夢の超大物用のロッドと言える

ロッド選びの注意点

ジギングロッドを選ぶ際には、自分に合った釣りのスタイルで選ぶ事も重要な要素の一つです。その際、エリアによっては潮の流れ(速さ)にも違いがあるので、ロッドを選びにはその辺りも考慮する必要があるでしょう。

 

注意する事は、深場や潮の早いエリアであれば重いジグを使えるロッドを選びたくなりますが、だからといって硬すぎるロッドではジグが暴れてしまい思い通りのアクションがつけられません。加えてドラグ性能の悪いリールであればラインブレイクにつながる事もしばしばです。

 

また、自分のスタイルがショートジャークでジグをアピールする釣りを好む方はショートロッドが向いているし、反対に体力にあまり自信のない方やロングジャークの釣りを好む方は、長めのロッドが体に負担も少なく楽にしゃくれるはずです。

 

このように、ロッド・ライン・ジグそれらのトータル的なバランスに自分の体力や好みのスタイルを考えてロッドを選ぶ事が重要となってくるのです。

スポンサードリンク

関連ページ

ジギングリール
ジギングリールの選び方ですが、ジギングリールには不意の大物にも対応できる強さが必要です。そのためジギングリールに安いものはお勧めできません。このページで、あなたのジギングリール選びの参考にして下さい。
ジギングのライン
ジギングには欠かせなくなったPEライン。リーダーにはフロロカーボンを使用したシステムが一般的です。ラインにも適材適所があり、それぞれのラインの特徴を知ることもアングラーには必要です。このページをラインの使い分けの参考にしてください。
ジギングのフック
ジギングではフックの選択は非常に重要な作業の一つです。ターゲットが大型になればなるほど、フックの性能は重要性となってきます。このジギングのフックについて簡単に説明しています。