シーバス タックル

スポンサードリンク

シーバスのルアーフィッシング

シーバスはサーフ・河口・磯等の様々なエリアを住みかとしているので、ルアーマンが身近に狙うことのできるターゲットの一つであり、そしてほぼ周年狙うことのできる魚でもあります。

 

このシーバスですが、ルアーに対するアタックはとても果敢で、大きな口で一気に飛びついてルアーを丸呑みにする様はまさに圧巻です。有名な「スズキのエラ洗い」という特徴もあわせ持つことも忘れてはいけません。

 

手軽さ・ゲーム性・釣り味の全てがそろった、まさにルアーフィッシングの醍醐味を存分に味わう事のできるターゲットなので、非常に多くのルアーマンの人気を博している魚であるのもうなづけると思います。

 

そんなシーバスゲームですが、ボートフィッシングでは、オカッパリからは狙えないスズキの着き場を攻めることができる有利性もあり、私もよく釣行しています。

 

その場合、サーフ等で使うような長いロッドは使いにくいので注意が必要です。また、ヒラスズキのサラシを狙う場合には、サラシの生まれる強風下でもしっかり振りぬけるタックルが必要になります。

 

楽しみながらしっかりと吟味してタックルを選ぶようにしましょう。

シーバスルアーフィッシング キャスティング編

シーバスキャスティングの狙い目は、常夜灯や水門防波堤の先端等、障害物や地形の変化するところは全てポイントになります。また、キャスティングでの釣果は日中よりも警戒心の緩む夜間のナイトゲームに分があるようです。もちろん日中でも釣れない事はありません。

 

釣り方ですが、ルアーをキャスティングしたならすかさずリトリーブを始めましょう。

 

私の経験だと、日中であれば早いリトリーブやトゥイッチングで反射的に喰わせる方がいいようです。逆に夜間ではしっかりとルアーを見せた方がいいみたいです。そのため、まずはスローリトリーブで攻めて、アタリがなければレンジやリトリーブの速さを変えてみたりするといいでしょう。

 

ルアーセレクトですが、私は全体的に細身を使います。色は、夜間であればパールホワイトやレッドヘッド系を、日中であればゴールドやナチュラルカラーも使ってみましょう。

シーバスルアーフィッシング バーチカルジギング編

バーチカルゲームでは、漁礁や根回りなどのボトムの変化を見つけて攻めていきます。だいたい水深は40m程度までですが、ボトムを狙う釣りなので時間帯に関係なく安定した釣果を得られるのが特徴です。

 

ルアーは40グラム程度のメタルジグを使用します。アクションはあまり激しくなくても大丈夫ですが、アタリのない時にはやや早めのリトリーブでジグに変化を与えてください。

 

中層まで巻き上げたら再度底まで沈めますが、この繰り返しの攻めでスズキにアピールし釣果アップを目指しましょう。

 

ボトムを横に狙う時はバイブレーションやジグヘッドリグを使います。釣果アップに直接関係はないと思いますが、サイズアップにはバイブレーションの方が有利に傾く場合があります。

 

さて、このバイブレーションですが、水深にもよりますがなるだけヘビーな物(30グラム以上)を使ったほうがいいでしょう。なぜなら、軽いとすぐ浮き上がるため底を攻めることができないからです。底に着いたらできるだけ底から離さないようルアーを泳がせることもポイントです。

シーバスタックル

  • ロッド:5〜7フィートまでのシーバスロッド
  •  

  • リール:2000番程度
  •  

  • ライン:PEラインの1〜2号
  •  

  • リーダー:フロロかナイロンの16〜20ポンド
  •  

  • ルアー:ジグ・バイブレーション・ミノー・ソフトルアー等
スポンサードリンク

関連ページ

マグロのルアーフィッシング
マグロゲームを紹介します。マグロも回遊魚で、広く外洋を回遊しています。また、マグロにもいくつか種類があり、私の地域ではヨコワと言われるマグロの幼魚や、トンボやキハダマグロを釣ることができます。
カツオのルアーフィッシング
カツオゲームを紹介します。カツオと聞けばナブラ打ちの興奮を思い出すルアーマンも多いことでしょう。カツオも夏のターゲットでシイラと同じ海域で狙えるます。是非ともカツオのナブラ打ちを体験してください。
シイラのルアーフィッシング
シイラゲームを紹介します。近海のゲームターゲットとして、シイラは誰もが知るところでしょう。シイラゲームはまさに真夏の熱いファイトが似合います。シイラの素晴らしいファイトを是非体験してみてください。
カンパチのルアーフィッシング
カンパチのルアーフィッシングを紹介します。カンパチはさまざまな水深に分布する魚ですが、やはり根回りを好んで生息しています。パワーのある魚なので、タックルはカチッと決めて臨みましょう。
ヒラマサのルアーフィッシング
ヒラマサもやはりルアーマン憧れのターゲットでしょう。ヒラマサはブリによく似た魚なので、タックルはブリもヒラマサも同じもので大丈夫です。ですがヒラマサの方がさらに大型で引きも強力なので注意が必要でしょう。
アオリイカのエギング
アオリイカのエギングを紹介します。アオリイカは誰でも簡単にできる釣りです。このページでアオリイカに興味を持ったら是非とも堤防をのぞいてみてください。きっと?アオリイカを釣ることができると思います。
メバル・カサゴのルアーフィッシング
メバルとカサゴのルアフィッシングを紹介します。私はメバルもカサゴも使うルアーはほぼ同じモノを使うのでメバルもカサゴも釣り方は似てきます。ここではメバルとカサゴ釣りの基礎をマスターして下さいね。
タチウオのルアーフィッシング
タチウオ釣りを紹介をします。私がルアーを始めたころよく行ったのがタチウオでした。それだけ気軽にできるのがタチウオです。下手なルアー操作にもよく食ってくるのがタチウオならでは。きっと楽しめると思います。