シーバスのルアーフィッシング

シーバスはサーフ・河口・磯等の様々なエリアを住みかとしているので、ルアーマンが身近に狙うことのできるターゲットの一つであり、そしてほぼ周年狙うことのできる魚でもあります。

 

このシーバスですが、ルアーに対するアタックはとても果敢で、大きな口で一気に飛びついてルアーを丸呑みにする様はまさに圧巻です。有名な「スズキのエラ洗い」という特徴もあわせ持つことも忘れてはいけません。

 

手軽さ・ゲーム性・釣り味の全てがそろった、まさにルアーフィッシングの醍醐味を存分に味わう事のできるターゲットなので、非常に多くのルアーマンの人気を博している魚であるのもうなづけると思います。

 

そんなシーバスゲームですが、ボートフィッシングでは、オカッパリからは狙えないスズキの着き場を攻めることができる有利性もあり、私もよく釣行しています。

 

その場合、サーフ等で使うような長いロッドは使いにくいので注意が必要です。また、ヒラスズキのサラシを狙う場合には、サラシの生まれる強風下でもしっかり振りぬけるタックルが必要になります。

 

楽しみながらしっかりと吟味してタックルを選ぶようにしましょう。

シーバスルアーフィッシング キャスティング編

シーバスキャスティングの狙い目は、常夜灯や水門防波堤の先端等、障害物や地形の変化するところは全てポイントになります。また、キャスティングでの釣果は日中よりも警戒心の緩む夜間のナイトゲームに分があるようです。もちろん日中でも釣れない事はありません。

 

釣り方ですが、ルアーをキャスティングしたならすかさずリトリーブを始めましょう。

 

私の経験だと、日中であれば早いリトリーブやトゥイッチングで反射的に喰わせる方がいいようです。逆に夜間ではしっかりとルアーを見せた方がいいみたいです。そのため、まずはスローリトリーブで攻めて、アタリがなければレンジやリトリーブの速さを変えてみたりするといいでしょう。

 

ルアーセレクトですが、私は全体的に細身を使います。色は、夜間であればパールホワイトやレッドヘッド系を、日中であればゴールドやナチュラルカラーも使ってみましょう。

シーバスルアーフィッシング バーチカルジギング編

バーチカルゲームでは、漁礁や根回りなどのボトムの変化を見つけて攻めていきます。だいたい水深は40m程度までですが、ボトムを狙う釣りなので時間帯に関係なく安定した釣果を得られるのが特徴です。

 

ルアーは40グラム程度のメタルジグを使用します。アクションはあまり激しくなくても大丈夫ですが、アタリのない時にはやや早めのリトリーブでジグに変化を与えてください。

 

中層まで巻き上げたら再度底まで沈めますが、この繰り返しの攻めでスズキにアピールし釣果アップを目指しましょう。

 

ボトムを横に狙う時はバイブレーションやジグヘッドリグを使います。釣果アップに直接関係はないと思いますが、サイズアップにはバイブレーションの方が有利に傾く場合があります。

 

さて、このバイブレーションですが、水深にもよりますがなるだけヘビーな物(30グラム以上)を使ったほうがいいでしょう。なぜなら、軽いとすぐ浮き上がるため底を攻めることができないからです。底に着いたらできるだけ底から離さないようルアーを泳がせることもポイントです。

シーバスタックル

  • ロッド:5〜7フィートまでのシーバスロッド
  •  

  • リール:2000番程度
  •  

  • ライン:PEラインの1〜2号
  •  

  • リーダー:フロロかナイロンの16〜20ポンド
  •  

  • ルアー:ジグ・バイブレーション・ミノー・ソフトルアー等