ヒラマサ タックル

スポンサードリンク

ヒラマサのルアーフィッシング

ブリによく似たヒラマサですが、ブリが群れで回遊するのに対して、ヒラマサは群れを作らず単独または数尾の群れで行動するというのは、ルアーマンにはよく知られている生態上の違いです。

 

回遊範囲も、ブリと比べヒラマサのそれはあまり広くはありません。また、遊泳層も底に近く、根回りを縄張りにして行動しています。そのため、根ズレでラインブレイクすることもしばしばです。ヒットしてからのヒラマサの瞬発力は「けた外れに強い」ことだけは覚えておいてください。

 

この強烈な引きのために、何もできずに根まで持っていかれ涙を呑んだルアーマンも多いことと思います。それを防ぐためにも、なるだけ底より上でヒットさせることがこの魚を釣り上げる大きなポイントになります。

 

このヒラマサですが、食べてうまい事でもよく知られています。もしかしたら、ブリよりもヒラマサのほうが高級魚としてのステイタスはあるのかもしれません。ブリと並び、まさにジガーマン憧れのターゲットと言えるでしょう。

ヒラマサのジギング

一般的に、ヒラマサはブリよりも比較的透明度のある海域を好んで生活していると言われています。なので、ルアーのカラーはそれほど明るい色(派手な色)を選ぶ必要はないと思います。クリアなエリアなので、ナチュラルカラーでも十分にアピールできるでしょう。

 

狙い方はブリとほとんど同じですが、ヒットしてからの走りがヒラマサのほうが強烈です。そのため、着底後はすぐにボトムを切って一気に巻き上げて誘ってください。

 

ヒラマサの場合、いかに底より上で食わせるかが勝負どころとなります。また、底を取れるルアーを選ぶ事はブリと同じです。深度や潮流を見極めてルアーを選ぶことが直接釣果を左右します。

 

ジャークですが、私はブリよりもスピードのあるジャークを多用しています。また、ナブラの立っている時はホッパーでもいい結果を生む場合もありますので、固定観念にとらわれず色々と試してみると面白いでしょう。

ヒラマサのルアーフィッシングタックル

  • ロッド:6フィート前後のジギングロッド キャスティングは9フィート
  •  

  • リール:両軸受けリール 2000番程度(写真はマーフィックス)
  •  

  • ライン:PEラインの2〜4号
  •  

  • リーダー:ライトクラス40ポンド程度  ミディアム80〜100ポンド
  •  

  • ルアー:200g程度までのジグ  鳥山ではホッパーを使う事も
スポンサードリンク

関連ページ

マグロのルアーフィッシング
マグロゲームを紹介します。マグロも回遊魚で、広く外洋を回遊しています。また、マグロにもいくつか種類があり、私の地域ではヨコワと言われるマグロの幼魚や、トンボやキハダマグロを釣ることができます。
カツオのルアーフィッシング
カツオゲームを紹介します。カツオと聞けばナブラ打ちの興奮を思い出すルアーマンも多いことでしょう。カツオも夏のターゲットでシイラと同じ海域で狙えるます。是非ともカツオのナブラ打ちを体験してください。
シイラのルアーフィッシング
シイラゲームを紹介します。近海のゲームターゲットとして、シイラは誰もが知るところでしょう。シイラゲームはまさに真夏の熱いファイトが似合います。シイラの素晴らしいファイトを是非体験してみてください。
カンパチのルアーフィッシング
カンパチのルアーフィッシングを紹介します。カンパチはさまざまな水深に分布する魚ですが、やはり根回りを好んで生息しています。パワーのある魚なので、タックルはカチッと決めて臨みましょう。
アオリイカのエギング
アオリイカのエギングを紹介します。アオリイカは誰でも簡単にできる釣りです。このページでアオリイカに興味を持ったら是非とも堤防をのぞいてみてください。きっと?アオリイカを釣ることができると思います。
メバル・カサゴのルアーフィッシング
メバルとカサゴのルアフィッシングを紹介します。私はメバルもカサゴも使うルアーはほぼ同じモノを使うのでメバルもカサゴも釣り方は似てきます。ここではメバルとカサゴ釣りの基礎をマスターして下さいね。
シーバスのルアーフィッシング
スズキのページでは、スズキのルアーフィッシングを紹介します。スズキはほぼ周年狙える魚で、中でもヒラスズキは人気の高いターゲットです。身近にそして手軽にできるのもスズキ釣の魅力でしょう。
タチウオのルアーフィッシング
タチウオ釣りを紹介をします。私がルアーを始めたころよく行ったのがタチウオでした。それだけ気軽にできるのがタチウオです。下手なルアー操作にもよく食ってくるのがタチウオならでは。きっと楽しめると思います。