カツオ タックル

スポンサードリンク

カツオのルアーフィシング

カツオは釣ってよし食べてよしと言われる大変人気のある魚なので、当然ルアーマンには価値のあるターゲットでしょう。

 

また、カツオの回遊は初夏に北上し10月頃に南下することから、「上りガツオ」そして「下りガツオ」とそれぞれ呼ばれていることは今さら説明するまでもないくらい日本人には定着している魚でもあります。

 

個人的に食べてうまいのは「下りガツオ」ですが、ルアーフィッシングとしては上りガツオの夏場が盛んなようですね。

 

マグロと同じで仲間が多いのもカツオの特徴です。ハガツオやソウダガツオなどもカツオの仲間になります。ただし、ソウダガツオは食べるとあたるので注意しましょう。

 

カツオを釣るなら鳥を見つけろとよく言われます。イワシを追ってナブラを作るため、海鳥に注意しながらナブラを探していきます。

 

最後に、カツオは血の多い魚なので、持ち帰っておいしく食べるためにも船上でしっかりと血抜きをすることをおすすめします。

カツオの釣り方

カツオは回遊して泳ぎまわっている魚です。そのため、ナブラを見つけるしかその存在を知る事はできません。また、カツオは表層を泳いでいるので釣り方としてはキャスティングが一般的ですが、エサ船のコマセについて沈んだ時はバーチカルジギングで狙うこと可能です。

 

キャスティングで狙う場合は、表層をスキッピングさせ、できるだけ長く引いてやることが大切です。ルアーはポッパー、ペンシル、ミノー等あらゆる種類とサイズを用意しましょう。

 

バーチカルの場合は、狙うレンジよりやや底からジグをジャークすることがポイントです。深さは、深くても50m程度までで大丈夫ですが、カツオの泳ぐ棚を見つけてそこを通過させる事がポイントになります。

 

カツオはフッキングすると強烈な勢いで走っていきます。ドラグの調整やライントラブルにはくれぐれも注意してください。

カツオのルアーフィッシングタックル

  • ロッド:6フィート前後で20ポンド程度のキャスティングロッド
  •  

  • リール:スピニングリール 6000番程度
  •  

  • ライン:PEラインの2〜4号
  •  

  • リーダー:ナイロン50〜60ポンド程度
  •  

  • ルアー:ペンシル・ポッパー・ミノー・ジグ
スポンサードリンク

関連ページ

マグロのルアーフィッシング
マグロゲームを紹介します。マグロも回遊魚で、広く外洋を回遊しています。また、マグロにもいくつか種類があり、私の地域ではヨコワと言われるマグロの幼魚や、トンボやキハダマグロを釣ることができます。
シイラのルアーフィッシング
シイラゲームを紹介します。近海のゲームターゲットとして、シイラは誰もが知るところでしょう。シイラゲームはまさに真夏の熱いファイトが似合います。シイラの素晴らしいファイトを是非体験してみてください。
カンパチのルアーフィッシング
カンパチのルアーフィッシングを紹介します。カンパチはさまざまな水深に分布する魚ですが、やはり根回りを好んで生息しています。パワーのある魚なので、タックルはカチッと決めて臨みましょう。
ヒラマサのルアーフィッシング
ヒラマサもやはりルアーマン憧れのターゲットでしょう。ヒラマサはブリによく似た魚なので、タックルはブリもヒラマサも同じもので大丈夫です。ですがヒラマサの方がさらに大型で引きも強力なので注意が必要でしょう。
アオリイカのエギング
アオリイカのエギングを紹介します。アオリイカは誰でも簡単にできる釣りです。このページでアオリイカに興味を持ったら是非とも堤防をのぞいてみてください。きっと?アオリイカを釣ることができると思います。
メバル・カサゴのルアーフィッシング
メバルとカサゴのルアフィッシングを紹介します。私はメバルもカサゴも使うルアーはほぼ同じモノを使うのでメバルもカサゴも釣り方は似てきます。ここではメバルとカサゴ釣りの基礎をマスターして下さいね。
シーバスのルアーフィッシング
スズキのページでは、スズキのルアーフィッシングを紹介します。スズキはほぼ周年狙える魚で、中でもヒラスズキは人気の高いターゲットです。身近にそして手軽にできるのもスズキ釣の魅力でしょう。
タチウオのルアーフィッシング
タチウオ釣りを紹介をします。私がルアーを始めたころよく行ったのがタチウオでした。それだけ気軽にできるのがタチウオです。下手なルアー操作にもよく食ってくるのがタチウオならでは。きっと楽しめると思います。