ルアーフィッシング記事一覧

タチウオはその呼び名の通り、鋭い太刀の様な姿をしていますが、水中で立って泳ぐ姿からこの呼び名が付いたとも言われています。タチウオがルアーマンのターゲットとされるようになってからずいぶんとたちますが、現在でも衰えることのない変わらぬ人気は誰もが知るところでしょう。タチウオの釣行で注意することは、歯がとても鋭いため、扱いを油断すると大怪我をすることです。また、リーダーを歯で噛み切られルアーをロストする...

シーバスはサーフ・河口・磯等の様々なエリアを住みかとしているので、ルアーマンが身近に狙うことのできるターゲットの一つであり、そしてほぼ周年狙うことのできる魚でもあります。このシーバスですが、ルアーに対するアタックはとても果敢で、大きな口で一気に飛びついてルアーを丸呑みにする様はまさに圧巻です。有名な「スズキのエラ洗い」という特徴もあわせ持つことも忘れてはいけません。手軽さ・ゲーム性・釣り味の全てが...

メバルは中層に群れて浮かんでいる魚で、海底に海藻の多いエリアに生息しているのが特徴です。中層にいるといってもれっきとした根魚で、カサゴと同様大きな口で主にエビやカニ、小魚等を餌にしています。海の荒れた日に食いが悪くなるのはメバル釣りの特徴のひとつで、「メバル凪」と言う言葉もあるほどです。その通りか、メバルは凪の方がよく釣れるような気がします。カサゴは典型的な根魚で、常に海底から離れることなくエサを...

イカの中でも特に美味いとされるのがこのアオリイカです。地方によって呼び名も様々で、私の地方ではミズイカと言われています。このアオリイカですが、テトラ周りや岩礁帯をおもな住みかとして、小魚やエビなどを餌にしています。その習性を利用して、これまで漁師やごく一部の釣り人しか使う事のなかった「エギ」を使ったエギングが爆発的人気を呼び、アオリイカは名実ともにルアーマンを熱くするターゲットとなってきました。ア...

ブリによく似たヒラマサですが、ブリが群れで回遊するのに対して、ヒラマサは群れを作らず単独または数尾の群れで行動するというのは、ルアーマンにはよく知られている生態上の違いです。回遊範囲も、ブリと比べヒラマサのそれはあまり広くはありません。また、遊泳層も底に近く、根回りを縄張りにして行動しています。そのため、根ズレでラインブレイクすることもしばしばです。ヒットしてからのヒラマサの瞬発力は「けた外れに強...

カンパチの習性はブリよりもヒラマサに近いかもしれません。それと言うのも、カンパチもヒラマサ同様、広い範囲を回遊せずに根回りを好んで生活しているからです。ただ、カンパチはブリやヒラマサよりも大きく成長し、50kgを超える超大物もいるくらいです。奄美諸島あたりでは、ヒレナガカンパチというカンパチによく似た魚が一般的によく釣られているようです。どちらの魚もゲーム性が高い上に、食べておいしい魚でもあります...

シイラは外洋性の強い魚です。そのため、たまに磯際で見かける事があるものの、そのほとんどを外洋の表層で過ごしています。外洋に浮かぶ漂流物や流れ藻をシイラは格好の住処としているので、シイラをターゲットとするならこのような漂流物を探すことからまず始めます。満福丸のエリアでは、シイラを寄せるために漁師が人工的にブイを浮かべています。これは効果的にシイラを集めることができるので、ルアー船には格好のポイントに...

カツオは釣ってよし食べてよしと言われる大変人気のある魚なので、当然ルアーマンには価値のあるターゲットでしょう。また、カツオの回遊は初夏に北上し10月頃に南下することから、「上りガツオ」そして「下りガツオ」とそれぞれ呼ばれていることは今さら説明するまでもないくらい日本人には定着している魚でもあります。個人的に食べてうまいのは「下りガツオ」ですが、ルアーフィッシングとしては上りガツオの夏場が盛んなよう...

マグロもカツオと同じ回遊魚で、冬になれば南下して南へ向かう事もカツオと変わりません。外洋を広く回遊するため、世界中でその姿を見る事ができるマグロですが、夏ともなると日本近海を北上して接岸し、満福丸の地方でもヨコワ・メジと言われる本マグロの幼魚がよく釣り上げられています。1月頃には、トンボと呼ばれるビンナガマグロも釣れはじめます。この頃のトンボは30キロ近くの大物で、まさにマグロ釣りの醍醐味を味わう...