マダイ 仕掛け

スポンサードリンク

マダイの船釣りについて

マダイの最盛期は年に2回あり、春の乗っ込みに秋の落ち真鯛とよく言われます。大物は全国的にみても春の乗っ込み時期の方が多いようで、3キロ以上の大物真鯛がよく釣れています。

 

最近では、インチクをはじめとして、もともと漁具だったものがルアーとして改良され、船釣りでもルアーターゲットとしての真鯛人気も髄分と高まってきました。

 

ルアーに限らず、昔から人気のある魚だけに、その釣法や仕掛けも多種多様。全てを説明することは不可能なので、ここでは一般的なコマセを使ったテンビン仕掛けについて紹介していきます。

 

私は主にテンビンを使ったエサ釣りでしか真鯛釣りをした事はありませんが、それには瀬からどれだけ船を離してアンカリングするかが釣果の決め手となります。

 

なぜだか分かりませんが、真鯛は瀬の上では食ってこないのです。真鯛釣りでは、まさにアンカリングが釣果を左右する釣りとも言えるので、これこそ船長の腕の見せ所です。マイボート船長の皆様はこの微妙なさじ加減を是非とも体得して大漁を狙ってください。

マダイ仕掛けの投入

ハリスが長い仕掛けなので、コマセカゴから先に投入して指にハリスを持ってゆっくりと仕掛けを沈めて行きます。ハリの手前50cm位になったらブレーキをかけて、やや遠くに投げて落とすやり方で投入するとトラブルが少なくなります。

真鯛釣りのタナの取り方

真鯛の水深は、私の地域では40〜60m程度。棚取りは、ハリスの長さ分を底から取るのを基本にしています。ただし相手は自然の生き物。一概にそう言えることはむしろ少なく、エサ取りの状況や潮の速さ加減で深くしたり浅くしたり臨機応変を心がけています。

 

たとえばエサ取りの多い日は少し浅くして、逆に潮の速いときやエサ取りの少ない時は少し深めにといったところでしょうか。底すれすれでサシ餌を流すことができればそれが理想ですが、上記の棚取りを基本にして、いろいろ探って棚を探すことが釣果アップにつながるのだと思います。

真鯛釣りで海底を基準としたタナの取り方

コマセビシが着底後すばやく底ダチを取ります。底ダチが取れたら、ハリスの長さの半分程度まで巻き上げて軽くコマセを撒きます。さらにハリスのプラスマイナス1m付近まで巻き上げて、再度コマセを撒きアタリを待ちます。

 

2分ほど待ってアタリがなければ竿を頭上まで大きく上げて、その高さからゆっくりと元の位置に戻して誘いをかけます。

真鯛釣りで海面を基準としたタナの取り方

タナの7〜8m下までビシを沈めたあとコマセを撒きます。その後タナまで巻き上げてその位置で再度コマセを撒きます。海底を基準にした場合も海面を基準にした場合も、タナの位置にはビシがくるように合わせて下さい。

釣果アップのポイント

マダイの船釣りの場合は、瀬の上で釣らず瀬から離して釣るのがポイントのようです。人によっては瀬の際から20m以上船を離してアンカリングしている方もいますが、私はだいたい10メートルくらいです。

 

コマセワークで大事なことは、まず狙った棚で仕掛けを止めて潮で十分ハリスを伸ばすことが先決です。ハリスが伸びきらないうちにしゃくると、テンビンに絡みつきトラブルのもととなります。

 

ハリスが伸んだら大きく竿をしゃって撒き餌を出し、撒き餌の帯にサシエを混じらせてください。また、コマセは一度に大量に出すのではなく、常にパラパラと出ているのが理想的なコマセの撒き方です。

取り込みは慎重に

鉄則は無理をしないこと。最初ぎゅーんと引っ張りますがそこであわててはいけません。引きに合わせてリーリングしていくと、途中からは結構すんなり上がってくると思います。

 

見事釣り上げた場合、口元を見てみると浮き袋が口まで出てきてると思いますので、注射針程度の針で破ってください。出ていない時は肛門から針を刺します。

 

シューという空気のもれる音がしますが、そうすることで帰るまで魚が死ぬことがなくイケスで泳ぐことができます。そして帰る時にシメれば、自宅でビチビチ新鮮な真鯛の刺身をいただけます。

スポンサードリンク

関連ページ

アジのサビキ釣り
サビキでのアジ釣りをご紹介します。サビキ釣りは岸壁でもよく見かける光景ですが、船上でのサビキ釣りではアジ以外に嬉しい外道も多いものです。私も釣行にはサビキを必需品にしています。大変便利な仕掛けですよね。
アジのビシ釣り
アジのビシ釣りは、ビシとテンビンを使った釣りです。サビキほど一度に沢山魚はかかりませんが、一発大物を狙う時はビシ釣りがオススメです。また、サビキでは釣れなくなったときの食い渋ったアジに威力を発揮します。
マダイの船釣り|タックル&仕掛け編
コマセマダイの仕掛けを紹介します。コマセマダイではコマセワークが重要です。そのため、タックルの決め手はロッドにあると言えます。あとはドラッグ性能の高いリールをセレクトすればモンスターマダイを捕ることができるはずです。
イサキの船釣り 仕掛け編
イサキ釣り編では、夏の釣りを代表するイサキの船釣りを紹介します。 高級魚として名を連ねるイサキが、マキエに狂って入れ食いする様はまさに圧巻です。塩焼きでも最高に美味いイサキを是非とも釣り上げてください。
イサキの船釣り 攻略編
イサキの船釣り。イサキの仕掛けは、主にテンビンを使いコマセを捲いて釣るものですが、コマセとサシエの同調がうまくいかないと釣果が上がりません。ここではコマセワークについて紹介しています。
カサゴの船釣り仕掛け
カサゴ釣りのページでは、カサゴの船釣りを紹介します。個人的にカサゴ釣りには特に難しい技術は必要ないと思いますが、カサゴが岩礁帯を好む魚なのでよく根掛りをします。替えの仕掛けを多めに作って釣行しましょう。
キンフグの船釣り仕掛け
キンフグ釣り編では、私のキンフグ釣りを紹介します。このキンフグ道具は手作りです。地方によってそれぞれ違いはあると思いますが、キンフグがいればどこでもこの道具で釣れると思います。
カワハギの船釣り仕掛け
カワハギ釣り編では、近年人気のカワハギ釣りを紹介します。カワハギは鍋でも刺身でも美味しいですが、中でも肝は海のフォアグラとも言われるほどで、その人気は絶大です。是非ともカワハギに魅了されてください。
カンパチの船釣り仕掛け
カンパチ釣り編では、カンパチの船釣りを紹介します。カンパチ釣りには、その性質から生きエサでの釣りが効果的だと思います。カンパチが生餌を追う瞬間はまさに手に汗を握ります。猛烈な走りを是非味わってください。
キスの船釣り仕掛け
シロギスの船釣りを紹介します。シロギスは、小さい割には引きも強くて食べてもうまい魚なのでファンも多いと思います。シロギスの刺身はもちろん、天ぷらで食べるシロギス美味さはもうたまりません。
ヒラメの船釣り仕掛け
ヒラメの船釣りを紹介します。食べて美味しいヒラメは釣れるととても嬉しいものです。また、ヒラメはおいそれと買える魚ではないので家族も大喜びです。座布団級のヒラメをの大物を是非とも釣り上げてくださいね。
ブリの船釣り
青物を代表するブリの船釣りを紹介します。ブリは主に冬場の釣りなので寒さが身にしみますが、ひとたびブリとのファイトになれば寒さなんか吹き飛びます。まさにブリは釣りの醍醐味を味わえるターゲットでしょう。
モンゴイカの船釣り
モンゴイカの船釣りを紹介します。モンゴイカは海底でエサを捕食しているため、モンゴイカを釣るにはエギを海底に沈める必要があります。モンゴイカはスミの多いイカなので沢山釣ってスミをかけられてください。