モンゴイカ 船釣り 仕掛け

スポンサードリンク

モンゴイカの船釣り

モンゴイカ釣り編では、船からのモンゴイカ釣りを紹介します。

 

モンゴイカはアオリイカと違い砂地を好んで生息しています。また、海底付近でエサを捕食するため、海底まで仕掛けを沈める必要がある事もエギングとは少し異なるところでしょう。

 

ですが、エギの操作は基本的にはモンゴイカもアオリイカと同じと考えてください。仕掛けを沈める場合、手釣りでは下のような手作りのオモリを使って海底までエギを沈めます。

 

モンゴイカのオモリ

 

竿の場合は竿の強度に合ったシンカーを使います。

 

イカ釣りのシンカー

 

エギはアオリイカ用でも十分転用は可能なので手作りにこだわる必要はないでしょう。しかしながら、自分で作ったエギで釣り上げる楽しみはありますので、一度は挑戦する価値はあるかもしれません。

 

モンゴイカのエギ   モンゴイカのエギ

モンゴイカの釣り方 手釣り編

下の写真のように、鉛を溶かして手作りしたオモリを海底に沈めてエギを流します。モンゴイカは海底で捕食するので、このように大きい鉛を海底まで沈めて底を取り、時々手で引っ張ってエギに動きをつけてイカを狙います。これくらい大きいと何度も底を取り直す必要がありません。

 

■モンゴイカの手釣り用オモリ
モンゴイカのオモリ

 

引っ張る道糸ですが、私は細い針金を使っていました。けれど、針金は折れる心配があるので、太目のPEラインを使う方もいらっしゃいます。

 

ハリスは鉛の尻に結びます。鉛が倒れないために両側に針金が出ているのが写真で分かると思いますが、こちらに2ヒロ程度ハリスを結びます。

 

エギは下の写真のものや、アオリイカ用のエギを使っています。このエギの材質は硬い発砲材です。イカの噛み跡がエギについても、木よりも発泡材の方がバランスが崩れることなく使用することができます。

 

この釣り方ですが、道糸が船上で絡まったり、鉛の道具を作ったりと、慣れないと何かと面倒です。ただ、潮が速い時には有利だと思います。

 

  • 道糸:針金またはPE6号程度
  •  

  • ハリス:フロロカーボン3号 1ヒロ半〜2ヒロ
  •  

  • エギ:モンゴイカエギ
  •  

  • オモリ:写真のオモリ

モンゴイカの釣り方 竿釣り編

竿釣りでは、アオリイカの船釣り道具をそのまま使います。

 

釣り方ですが、まず底まで仕掛けを落として鉛を着底させます。着底したら糸フケを取りハリスの長さほど巻き上げます。このタナでしゃくりながらアタリを待ちます。竿釣りの場合は、シンカーが軽いので何度も底を取り直す必要があります。これが手釣りとの大きな違いです。

 

しゃくりはエギが海底に着いたころを見計らってしゃくります。食わない時は棚が上がりすぎている場合がほとんどなので、その時はもう一度底に落として、前の棚より下でイカを探ってください。慣れるとイカがのったのが分かるはずです。

 

ここでもPEラインが大活躍します。棚も正確にわかりますし、なにより竿のシャクリをダイレクトにエギに伝えてくれます。また、個人的には竿のほうがアタリも分かりやすいと思うので、最初はこちらから入られた方がいいと思います。

 

竿ですが、10号程度の中間鉛が引っ張れるものであれば、バスロッドなんかでも転用はできると思います。私は写真のような中間鉛を使っています。
イカ釣りのシンカー

 

最後に手釣り竿釣りの両方ともいえることですが、イカがかかったならばラインを緩めず常に張ったまま釣り上げてください。糸がふけるとせっかっく釣ったイカに逃げられます。

 

  • 竿:シャクリ専用ロッド
  •  

  • リール:小型両軸受けリール
  •  

  • 道糸:PE1〜3号号程度(細いほうがアタリがとりやすい)
  •  

  • ハリス:フロロ3号 1ヒロ半〜2ヒロ
  •  

  • エギ:アオリイカ用エギまたはモンゴイカ専用の手作りエギ
  •  

  • オモリ:中間鉛25号程度
スポンサードリンク

関連ページ

アジのサビキ釣り
サビキでのアジ釣りをご紹介します。サビキ釣りは岸壁でもよく見かける光景ですが、船上でのサビキ釣りではアジ以外に嬉しい外道も多いものです。私も釣行にはサビキを必需品にしています。大変便利な仕掛けですよね。
アジのビシ釣り
アジのビシ釣りは、ビシとテンビンを使った釣りです。サビキほど一度に沢山魚はかかりませんが、一発大物を狙う時はビシ釣りがオススメです。また、サビキでは釣れなくなったときの食い渋ったアジに威力を発揮します。
マダイの船釣り|タックル&仕掛け編
コマセマダイの仕掛けを紹介します。コマセマダイではコマセワークが重要です。そのため、タックルの決め手はロッドにあると言えます。あとはドラッグ性能の高いリールをセレクトすればモンスターマダイを捕ることができるはずです。
マダイの船釣り|攻略編
コマセマダイを攻略するためには何と言ってもタナ取りと誘いが重要です。コマセマダイの基本的なタナの取り方とコマセワークについて紹介しています。
イサキの船釣り 仕掛け編
イサキ釣り編では、夏の釣りを代表するイサキの船釣りを紹介します。 高級魚として名を連ねるイサキが、マキエに狂って入れ食いする様はまさに圧巻です。塩焼きでも最高に美味いイサキを是非とも釣り上げてください。
イサキの船釣り 攻略編
イサキの船釣り。イサキの仕掛けは、主にテンビンを使いコマセを捲いて釣るものですが、コマセとサシエの同調がうまくいかないと釣果が上がりません。ここではコマセワークについて紹介しています。
カサゴの船釣り仕掛け
カサゴ釣りのページでは、カサゴの船釣りを紹介します。個人的にカサゴ釣りには特に難しい技術は必要ないと思いますが、カサゴが岩礁帯を好む魚なのでよく根掛りをします。替えの仕掛けを多めに作って釣行しましょう。
キンフグの船釣り仕掛け
キンフグ釣り編では、私のキンフグ釣りを紹介します。このキンフグ道具は手作りです。地方によってそれぞれ違いはあると思いますが、キンフグがいればどこでもこの道具で釣れると思います。
カワハギの船釣り仕掛け
カワハギ釣り編では、近年人気のカワハギ釣りを紹介します。カワハギは鍋でも刺身でも美味しいですが、中でも肝は海のフォアグラとも言われるほどで、その人気は絶大です。是非ともカワハギに魅了されてください。
カンパチの船釣り仕掛け
カンパチ釣り編では、カンパチの船釣りを紹介します。カンパチ釣りには、その性質から生きエサでの釣りが効果的だと思います。カンパチが生餌を追う瞬間はまさに手に汗を握ります。猛烈な走りを是非味わってください。
キスの船釣り仕掛け
シロギスの船釣りを紹介します。シロギスは、小さい割には引きも強くて食べてもうまい魚なのでファンも多いと思います。シロギスの刺身はもちろん、天ぷらで食べるシロギス美味さはもうたまりません。
ヒラメの船釣り仕掛け
ヒラメの船釣りを紹介します。食べて美味しいヒラメは釣れるととても嬉しいものです。また、ヒラメはおいそれと買える魚ではないので家族も大喜びです。座布団級のヒラメをの大物を是非とも釣り上げてくださいね。
ブリの船釣り
青物を代表するブリの船釣りを紹介します。ブリは主に冬場の釣りなので寒さが身にしみますが、ひとたびブリとのファイトになれば寒さなんか吹き飛びます。まさにブリは釣りの醍醐味を味わえるターゲットでしょう。