ヒラメ 船釣り 仕掛け

スポンサードリンク

ヒラメの船釣り

ヒラメの船釣りと仕掛けをご紹介します。ヒラメの仕掛けや釣り方も様々ありますが、ここでは生きエサを使ったヒラメの船釣りをご紹介します。

 

生きエサの場合、イワシを使うのが一般的ですが、エサにする生きたイワシが手に入りづらいことも多いかと思います。その時は子アジをエサに使うといいと思います。

 

ヒラメは数釣りのできる魚ではありませんが、粘れば釣果があるはずです。また、ヒラメは食べてうまい魚なので、釣れれば家族中が大喜びです。じっくりと腰をすえて、是非とも座布団級の大物ヒラメを釣り上げてください。

ヒラメの釣り方

生きたイワシをエサに使いますが、イワシがない時はアジでもいいでしょう。また、エサが小型(15cm以下)であれば孫針は使いませんが、それ以上になると孫針が必要です。

 

エサのつけ方ですが、小型の場合であれば下あご中央から上あごに刺し抜きます。大型の時は親針を背びれの後ろくらいに刺し、孫針を肛門から尾びれの下あたりに刺します。小型のエサで孫バリを使いたい時は、親バリをイワシの上あごまで刺し通して、孫バリは肛門付近に浅く刺して針先が頭の方を向く様に刺し抜きます。

 

仕掛けの投入では、ヒラメは底に着いたエサは食わないので、底から10〜20cm程度上を泳がせるようにハリスの長さを調節して底を切る事が大切です。

 

その場合、ハリスを下糸の長さより長くして底立ちを取ると、生餌がヒラメの目に付きやすくなるし、ヒラメがエサを攻撃し始めた時にアジが暴れる動きやアタリなんかが竿先に伝わりやすくなります。

 

オモリが底に着いたら糸フケをとり、やや竿先にオモリの重みがかかる程度に巻き上げましょう。アワセは竿先が海面に突っ込んでいくまでじっと我慢です。そうでないとせっかく食ったエサをヒラメは吐き出してしまいます。逆に10〜15分してもアタリがない場合はこまめにエサを付け替えてください。

 

エサの付け替えで注意する事は、特にイワシの場合はエサを弱らせてしまいがちですので、海水の入ったバケツの中でウロコを落すことのないようやさしく付け替えることが重要です。この時直接手で魚を触ると魚を弱らせてしまうので、軍手をつけることをお勧めします。

ヒラメの仕掛けとタックル

  • 竿:ヒラメ専用がお勧め
  •  

  • リール:中型の両軸受けタイプ(深場であれば電動がお勧め)
  •  

  • 道糸:PE2〜3号
  •  

  • 幹糸:フロロカーボン7号(70〜80cm)
  •  

  • ハリス:フロロカーボン6号(80〜90cm)
  •  

  • 下糸:フロロカーボン3〜4号(20cm)
  •  

  • 針:親・孫バリとも伊勢尻12〜13号(親バリと孫バリの間隔は生餌のサイズで変化する)
  •  

  • オモリ:60〜80号(カラータイプやホログラムシート貼りがお勧め)
スポンサードリンク

関連ページ

アジのサビキ釣り
サビキでのアジ釣りをご紹介します。サビキ釣りは岸壁でもよく見かける光景ですが、船上でのサビキ釣りではアジ以外に嬉しい外道も多いものです。私も釣行にはサビキを必需品にしています。大変便利な仕掛けですよね。
アジのビシ釣り
アジのビシ釣りは、ビシとテンビンを使った釣りです。サビキほど一度に沢山魚はかかりませんが、一発大物を狙う時はビシ釣りがオススメです。また、サビキでは釣れなくなったときの食い渋ったアジに威力を発揮します。
マダイの船釣り|タックル&仕掛け編
コマセマダイの仕掛けを紹介します。コマセマダイではコマセワークが重要です。そのため、タックルの決め手はロッドにあると言えます。あとはドラッグ性能の高いリールをセレクトすればモンスターマダイを捕ることができるはずです。
マダイの船釣り|攻略編
コマセマダイを攻略するためには何と言ってもタナ取りと誘いが重要です。コマセマダイの基本的なタナの取り方とコマセワークについて紹介しています。
イサキの船釣り 仕掛け編
イサキ釣り編では、夏の釣りを代表するイサキの船釣りを紹介します。 高級魚として名を連ねるイサキが、マキエに狂って入れ食いする様はまさに圧巻です。塩焼きでも最高に美味いイサキを是非とも釣り上げてください。
イサキの船釣り 攻略編
イサキの船釣り。イサキの仕掛けは、主にテンビンを使いコマセを捲いて釣るものですが、コマセとサシエの同調がうまくいかないと釣果が上がりません。ここではコマセワークについて紹介しています。
カサゴの船釣り仕掛け
カサゴ釣りのページでは、カサゴの船釣りを紹介します。個人的にカサゴ釣りには特に難しい技術は必要ないと思いますが、カサゴが岩礁帯を好む魚なのでよく根掛りをします。替えの仕掛けを多めに作って釣行しましょう。
キンフグの船釣り仕掛け
キンフグ釣り編では、私のキンフグ釣りを紹介します。このキンフグ道具は手作りです。地方によってそれぞれ違いはあると思いますが、キンフグがいればどこでもこの道具で釣れると思います。
カワハギの船釣り仕掛け
カワハギ釣り編では、近年人気のカワハギ釣りを紹介します。カワハギは鍋でも刺身でも美味しいですが、中でも肝は海のフォアグラとも言われるほどで、その人気は絶大です。是非ともカワハギに魅了されてください。
カンパチの船釣り仕掛け
カンパチ釣り編では、カンパチの船釣りを紹介します。カンパチ釣りには、その性質から生きエサでの釣りが効果的だと思います。カンパチが生餌を追う瞬間はまさに手に汗を握ります。猛烈な走りを是非味わってください。
キスの船釣り仕掛け
シロギスの船釣りを紹介します。シロギスは、小さい割には引きも強くて食べてもうまい魚なのでファンも多いと思います。シロギスの刺身はもちろん、天ぷらで食べるシロギス美味さはもうたまりません。
ブリの船釣り
青物を代表するブリの船釣りを紹介します。ブリは主に冬場の釣りなので寒さが身にしみますが、ひとたびブリとのファイトになれば寒さなんか吹き飛びます。まさにブリは釣りの醍醐味を味わえるターゲットでしょう。
モンゴイカの船釣り
モンゴイカの船釣りを紹介します。モンゴイカは海底でエサを捕食しているため、モンゴイカを釣るにはエギを海底に沈める必要があります。モンゴイカはスミの多いイカなので沢山釣ってスミをかけられてください。