シロギスの船釣り仕掛け

シロギスの船釣りと仕掛けをご紹介します。

 

シロギス釣りは、船釣りの中でも手軽にできる釣りです。仕掛けも釣り方も簡単で、タックルも特にそろえなくても手持ちの竿で十分でしょう。

 

私は専用ロッドを使用していますが、専用ロッドがない場合はバスロッド等でも十分転用可能です。また、エサのゴカイを持って気軽に行ける釣りなのでマイボートをお持ちの方には家族で楽しめるのではないでしょうか?

 

シロギス釣りでは、ネズミゴチ等の嬉しい外道があるのもこの釣りの魅力的なところです。波の穏やかな天気のいい日に、家族や友達とワイワイ騒ぎながらの楽しい釣りを満喫されてください。

シロギスの釣り方

船からのシロギス釣りは、遠投して少しずつ手前に引いてくるのが一般的です。流れが速い時はアンカリングして釣りますが、通常は船を流しながら釣っています。このほうが広い範囲を探ることができます。もしシーアンカーがあれば最適でしょう。

 

オモリが着底したならすぐに糸ふけを取り、2〜3回しゃくって誘いをかけます。シロギスは動くエサに敏感な魚なので、20〜30cmくらいずつ手前に引いては誘うを繰り返します。

 

シロギスではなくコチが釣れるときは引くスピードを少し速めてみるのも手です。また、痛んだエサではシロギスの食いは悪くなりますのでこまめにエサの付け替えを行ってください。

 

最近は味付きのワームも市販されています。こちらもエサに劣らず使えるので大変便利です。一度試されてみるもいいと思います。

シロギスの船釣り 仕掛けとタックル

  • 竿:キス専用竿
  •  

  • リール:小型スピニングリール
  •  

  • 天秤:アームの長さが10cm前後の片天秤
  •  

  • 道糸:PE1号程度(細いほうがアタリがとりやすい)
  •  

  • ハリス:市販品か、2ヒロ程度のハリスの、下から長さ50〜80cmに枝針を結ぶ
  •  

  • ハリ:流線6〜7号
  •  

  • エサ:青イソメまたは味付きワーム