カンパチ 船釣り 仕掛け

スポンサードリンク

カンパチの船釣り

カンパチを船から狙う場合、私は生きたアジを泳がせて釣る「泳がせ釣り」を主な釣り方としています。ここでは、泳がせ釣りの仕掛けをご紹介します。

 

満福丸の地方では、雑誌でよく紹介されているようなカンパチ泳がせ釣りに使うムロアジ等は釣れませんので、まずサビキで子アジを釣ってそれをエサとして使っています。

 

船に乗り初めの頃は、カンパチのポイントがよく分からなかったため、海図に載っている漁礁周辺や、サビキで子アジを釣っている船の近くに寄せてよく狙っていたものでした。また、サビキ釣りでアジの群れが寄った時なんかもカンパチを狙える絶好のチャンスなので、釣れた生きアジをエサにして、必ず別の竿でカンパチを狙っています。

 

魚探の画面全体が真っ赤になるほど子アジが群れるときは、必ずそれを捕食する魚が寄ってきます。そんな時はヒットの可能性はかなり大なので期待が高まります。

 

この場合、サビキに食ったアジにカンパチが乗ることがよくあるので、サビキは太い仕掛けに交換することをお勧めします。子アジがコマセに狂うとハリスの太さなど関係なくなります。よって子アジもカンパチも釣ることができます。

カンパチの釣り方

アジを背がけにして、底から3メートルくらい上を泳ぐように仕掛けを落とします。仕掛けが流れるようであれば大きいオモリに替えてください。後はカンパチが食ってくれるのをひたすら待つだけです。

 

カンパチが食うまで竿受けに竿を置いて待つ方は、少し高額でもしっかりした物を購入してください。でないと竿受けごとひったくられます。

 

いよいよカンパチが近づいてきたらアジが逃げ回り竿先がふるえてきます。緊張の一瞬です。そしてカンパチが食ったならば、竿ごと持って行く勢いで一気に走り出すことでしょう。

 

ドラグから糸が出ていく音は快感です。走るだけ走らせて動きが止まってからやり取りしてください。ただ、苦労して寄せてもたまに違う魚があがってくることがありますので気を落とさずに頑張りましょう。

 

私の過去の経験では、シュモクザメがあがってきたことがありました。

カンパチの仕掛けとタックル

  • 竿:2〜2.8mの泳がせ竿でオモリ負荷80〜120号
  •  

  • リール:大型両軸受けリール(電動がおすすめ)
  •  

  • 道糸:PE10号
  •  

  • ハリス:20号〜50号 (狙う大きさに合わせて変更する)
  •  

  • 針:ムロアジ針30号
  •  

  • オモリ:80〜100号
スポンサードリンク

関連ページ

アジのサビキ釣り
サビキでのアジ釣りをご紹介します。サビキ釣りは岸壁でもよく見かける光景ですが、船上でのサビキ釣りではアジ以外に嬉しい外道も多いものです。私も釣行にはサビキを必需品にしています。大変便利な仕掛けですよね。
アジのビシ釣り
アジのビシ釣りは、ビシとテンビンを使った釣りです。サビキほど一度に沢山魚はかかりませんが、一発大物を狙う時はビシ釣りがオススメです。また、サビキでは釣れなくなったときの食い渋ったアジに威力を発揮します。
マダイの船釣り|タックル&仕掛け編
コマセマダイの仕掛けを紹介します。コマセマダイではコマセワークが重要です。そのため、タックルの決め手はロッドにあると言えます。あとはドラッグ性能の高いリールをセレクトすればモンスターマダイを捕ることができるはずです。
マダイの船釣り|攻略編
コマセマダイを攻略するためには何と言ってもタナ取りと誘いが重要です。コマセマダイの基本的なタナの取り方とコマセワークについて紹介しています。
イサキの船釣り 仕掛け編
イサキ釣り編では、夏の釣りを代表するイサキの船釣りを紹介します。 高級魚として名を連ねるイサキが、マキエに狂って入れ食いする様はまさに圧巻です。塩焼きでも最高に美味いイサキを是非とも釣り上げてください。
イサキの船釣り 攻略編
イサキの船釣り。イサキの仕掛けは、主にテンビンを使いコマセを捲いて釣るものですが、コマセとサシエの同調がうまくいかないと釣果が上がりません。ここではコマセワークについて紹介しています。
カサゴの船釣り仕掛け
カサゴ釣りのページでは、カサゴの船釣りを紹介します。個人的にカサゴ釣りには特に難しい技術は必要ないと思いますが、カサゴが岩礁帯を好む魚なのでよく根掛りをします。替えの仕掛けを多めに作って釣行しましょう。
キンフグの船釣り仕掛け
キンフグ釣り編では、私のキンフグ釣りを紹介します。このキンフグ道具は手作りです。地方によってそれぞれ違いはあると思いますが、キンフグがいればどこでもこの道具で釣れると思います。
カワハギの船釣り仕掛け
カワハギ釣り編では、近年人気のカワハギ釣りを紹介します。カワハギは鍋でも刺身でも美味しいですが、中でも肝は海のフォアグラとも言われるほどで、その人気は絶大です。是非ともカワハギに魅了されてください。
キスの船釣り仕掛け
シロギスの船釣りを紹介します。シロギスは、小さい割には引きも強くて食べてもうまい魚なのでファンも多いと思います。シロギスの刺身はもちろん、天ぷらで食べるシロギス美味さはもうたまりません。
ヒラメの船釣り仕掛け
ヒラメの船釣りを紹介します。食べて美味しいヒラメは釣れるととても嬉しいものです。また、ヒラメはおいそれと買える魚ではないので家族も大喜びです。座布団級のヒラメをの大物を是非とも釣り上げてくださいね。
ブリの船釣り
青物を代表するブリの船釣りを紹介します。ブリは主に冬場の釣りなので寒さが身にしみますが、ひとたびブリとのファイトになれば寒さなんか吹き飛びます。まさにブリは釣りの醍醐味を味わえるターゲットでしょう。
モンゴイカの船釣り
モンゴイカの船釣りを紹介します。モンゴイカは海底でエサを捕食しているため、モンゴイカを釣るにはエギを海底に沈める必要があります。モンゴイカはスミの多いイカなので沢山釣ってスミをかけられてください。