カワハギ 仕掛け

スポンサードリンク

カワハギの船釣り

カワハギの船釣りと仕掛けを紹介します。

 

カワハギにはいろんな種類があるようで、ウマヅラハギと違い、体に黄色の縞模様のあるカワハギがこの釣りを代表する対象魚になります。この魚のことを、私の地方ではキンツと呼んでおり、この名前で多くの釣り人に親しまれています。

 

また、カワハギはその名の通り皮がはがれるのでカワハギといい、この皮は乾かしてサビキとしてもよく使われます。

 

船釣りでの釣り方はドウヅキ仕掛けが主体で、枝スを短くするのが一番のポイントとなります。エサは、テレビ等ではアサリがよくカワハギの餌として用いられていますが、私はボイルで釣る事がほとんどです。ボイルでもそこにカワハギがいさえすれば釣れないことはありません。特にこだわる必要はないと思います。

 

なお、集魚効果があると言われるビーズや集魚板等についてですが、たしかにカワハギの性質上集魚においては効果は見られるようです。しかし、私の考えとしては、仕掛けにスナップやサルカンが多くなると、かえってアタリをとりにくくなる気がして使用していません。

 

繊細なアタリを見逃すとカワハギ釣りでは命取りです。集魚板等を使用する上ではこれらのスナップ類が少なくなるよう工夫する必要があるでしょう。

カワハギ釣りのリールとロッド

カワハギ釣りに限っては専用ロッドを強くお勧めします。私はサクラのカワハギ専用ロッドを使用していますが、他の竿では取れないアタリまでとれる非常に感度のいい竿です。

 

とにかく感度が釣果を左右する釣りなので、多少値がはってもいい竿を購入してください。長さは1.8〜2.1程度が使いやすいでしょう。

 

リールは小型の両軸受けがお勧めです。常に手持ちで釣るので重量のあるリールでは1日持ちません。リールに巻く糸は大きくてもPE2号までで、水切りと感度をよくするためにも1〜1、5号くらいが丁度いい太さだと思います。

カワハギ釣りの仕掛け

1ヒロ程度の長さの幹糸に3本程度の枝針を作ります。枝針を作るうえで大事なことは、枝スの長さを3cm程度に短くすることと、針が内側(幹糸のほう)を向くように作ることです。集魚ビーズは好みで使ってください。

 

ハリス部分は、上から30?程度に一本目の枝スを出し、この枝スから10cm前後の間隔でさらに枝スを出していきます。そして、最後の枝スからシンカーの上部まで8cm前後が標準的なハリスの仕掛けになります。

 

枝スの長さは3cm程度というのはお伝えしたとおりです。この枝スですが、短くすると食い込みが悪くなり、長くすると感度が悪くなります。私は感度を重視して枝スは短くしています。

 

エサは好みで色々試してみてください。私は経済上ボイルを使っています。

 

最近は、枝スをセットできる自動ハリス止めというものがあります。カワハギの歯で仕掛けを切られてもワンタッチで付け替えできる優れものなので使ってみてください。

カワハギの誘い釣り

ハリスの枝ス部分だけを考えた短い幅(30cm程度)をしゃくらずに竿で聞き上げることを繰り返して誘います。聞き上げてから底に落とす時はゆっくりと落としてください。この時に当たる事が多いので、アタリが出たらさらにゆっくりと下ろしていきます。

 

ガクガクとハリ掛りしたのが感じられたら今度はゆっくりと竿を上げていきます。この時鋭いアワセは必要ありません。乗せてあわせることがカワハギ釣りの攻略方法です。

カワハギのタタキ釣り

仕掛けを着低させた状態で竿先をシャープに激しく上下させて仕掛けに動きをつけます。10〜20回程度たたいてストップさせアタリを見て、アタリが感じられたら聞き合わせに合わせて下さい。たたき方を色々と変えてみるのも釣果につながります。

カワハギのタルマセ釣り

この釣り方は、ラインをたるませて仕掛けを海底にはわせて釣る方法です。

 

着底したらゆっくりとラインをたるませて仕掛けを海底にはわせていき、ある程度したらまたゆっくりと起こしていきます。寝かせる時も起こす時もあたりが出るので、油断なくライン操作しましょう。

 

どの釣り方でも同じですが、カワハギのアタリはガクガクと結構強いので、あわてず竿を上げてあわせてください。想像以上に引きも強いので釣りとしても十分楽しめるはずです。

 

釣ってよし食べてよしと両方楽しめるのがこの釣りの魅力かもしれません。キモを使った調理法も様々ありますので、ネットで探して挑戦されるのも楽しいかもしれません。

カワハギ釣りのタックル

  • 竿:カワハギ専用竿
  •  

  • リール:小型両軸受けリール
  •  

  • 道糸:PEラインの1号
  •  

  • ハリス:フロロカーボン(幹糸5号枝ス2,5号)
  •  

  • ハリ:カワハギ9号
  •  

  • オモリ:30〜50号(水深や潮の速さで変わる)
  •  

  • エサ:アサリ・ボイル・青イソメ
スポンサードリンク

関連ページ

アジのサビキ釣り
サビキでのアジ釣りをご紹介します。サビキ釣りは岸壁でもよく見かける光景ですが、船上でのサビキ釣りではアジ以外に嬉しい外道も多いものです。私も釣行にはサビキを必需品にしています。大変便利な仕掛けですよね。
アジのビシ釣り
アジのビシ釣りは、ビシとテンビンを使った釣りです。サビキほど一度に沢山魚はかかりませんが、一発大物を狙う時はビシ釣りがオススメです。また、サビキでは釣れなくなったときの食い渋ったアジに威力を発揮します。
マダイの船釣り|タックル&仕掛け編
コマセマダイの仕掛けを紹介します。コマセマダイではコマセワークが重要です。そのため、タックルの決め手はロッドにあると言えます。あとはドラッグ性能の高いリールをセレクトすればモンスターマダイを捕ることができるはずです。
マダイの船釣り|攻略編
コマセマダイを攻略するためには何と言ってもタナ取りと誘いが重要です。コマセマダイの基本的なタナの取り方とコマセワークについて紹介しています。
イサキの船釣り 仕掛け編
イサキ釣り編では、夏の釣りを代表するイサキの船釣りを紹介します。 高級魚として名を連ねるイサキが、マキエに狂って入れ食いする様はまさに圧巻です。塩焼きでも最高に美味いイサキを是非とも釣り上げてください。
イサキの船釣り 攻略編
イサキの船釣り。イサキの仕掛けは、主にテンビンを使いコマセを捲いて釣るものですが、コマセとサシエの同調がうまくいかないと釣果が上がりません。ここではコマセワークについて紹介しています。
カサゴの船釣り仕掛け
カサゴ釣りのページでは、カサゴの船釣りを紹介します。個人的にカサゴ釣りには特に難しい技術は必要ないと思いますが、カサゴが岩礁帯を好む魚なのでよく根掛りをします。替えの仕掛けを多めに作って釣行しましょう。
キンフグの船釣り仕掛け
キンフグ釣り編では、私のキンフグ釣りを紹介します。このキンフグ道具は手作りです。地方によってそれぞれ違いはあると思いますが、キンフグがいればどこでもこの道具で釣れると思います。
カンパチの船釣り仕掛け
カンパチ釣り編では、カンパチの船釣りを紹介します。カンパチ釣りには、その性質から生きエサでの釣りが効果的だと思います。カンパチが生餌を追う瞬間はまさに手に汗を握ります。猛烈な走りを是非味わってください。
キスの船釣り仕掛け
シロギスの船釣りを紹介します。シロギスは、小さい割には引きも強くて食べてもうまい魚なのでファンも多いと思います。シロギスの刺身はもちろん、天ぷらで食べるシロギス美味さはもうたまりません。
ヒラメの船釣り仕掛け
ヒラメの船釣りを紹介します。食べて美味しいヒラメは釣れるととても嬉しいものです。また、ヒラメはおいそれと買える魚ではないので家族も大喜びです。座布団級のヒラメをの大物を是非とも釣り上げてくださいね。
ブリの船釣り
青物を代表するブリの船釣りを紹介します。ブリは主に冬場の釣りなので寒さが身にしみますが、ひとたびブリとのファイトになれば寒さなんか吹き飛びます。まさにブリは釣りの醍醐味を味わえるターゲットでしょう。
モンゴイカの船釣り
モンゴイカの船釣りを紹介します。モンゴイカは海底でエサを捕食しているため、モンゴイカを釣るにはエギを海底に沈める必要があります。モンゴイカはスミの多いイカなので沢山釣ってスミをかけられてください。