カサゴ 船釣り 仕掛け

スポンサードリンク

カサゴの船釣り

カサゴの船釣り仕掛けをご紹介します。

 

子供の頃は、堤防のテトラポットできびなごをエサにしてよく釣ったものでした。当時はほんとよく釣れたカサゴです。淡白な身はどんな料理にも愛称がいいので、私の家族も大好きな魚です。

 

釣り方も仕掛けもいたって簡単。カサゴはとにかく何でも食いつく魚なので、エサは何であろうと構いません。船釣りでは一般的にはサンマやサバ等の切り身を用いますが、生餌のアジにも食いつく貪欲さは他の魚を圧倒します。

 

あろうことか、自分の体よりも大きいアジに 食らいついて上がってくることもあるほどです。逆に言えばそれだけに簡単に釣れてしまうことが魚体数の減少の一因となっているようです。小さい魚はリリースして明日の釣りにつなげていきましょう。

カサゴの釣り方

仕掛けを落としオモリが着底したら糸フケを取り、上下にゆっくり動かして誘いをかけます。船を流したままなので、オモリが底をたたかなくなったら必ず底を取り直して誘ってください。

 

仕掛けは一番下にオモリをセットしたドウヅキ仕掛けで、2〜3本バリが一般的です。オモリは30号程度を使っています。

 

枝スの長さは20cm程度で、枝スの間隔は50cmくらい。そして、より海底に仕掛けを近づける工夫として、シンカーから最初の枝スは10〜15cmと短くするのがポイントです。餌にはサバの切り身を使用しています。

 

カサゴの捕食方法ですが、カサゴの目は上にあるため、カサゴは上から落ちてくるエサを海底から見上げて狙っています。常に底ダチを取りながら、探っていくようにしましょう。

 

底をとる釣りだけに根ガカリも非常に多くなります。仕掛けのスペアは十分に用意して釣行してください。

 

最後に、カサゴに似た魚には毒をもつものが多く、トゲに刺されると非常に痛みます。見分けが付かない方は、針外しには必ずイヤーを使うようにしてください。

カサゴ釣りの仕掛けとタックル

  • 竿:3m程度の先調子 深場ではオモリ負荷80〜120号 浅場では50号くらい
  •  

  • リール:両軸受けリール 2000番程度
  •  

  • 道糸:PEラインの2〜3号
  •  

  • ハリス:フロロカーボンの3〜5号程度を約1ヒロ程度
  •  

  • ハ リ:チヌ針3〜4号程度か根ガカリを考慮してムツや丸セイゴのネムリ
  •  

  • オモリ:30〜50号(水深や潮の速さで変わる)
  •  

  • エサ:サバやイカの切り身
スポンサードリンク

関連ページ

アジのサビキ釣り
サビキでのアジ釣りをご紹介します。サビキ釣りは岸壁でもよく見かける光景ですが、船上でのサビキ釣りではアジ以外に嬉しい外道も多いものです。私も釣行にはサビキを必需品にしています。大変便利な仕掛けですよね。
アジのビシ釣り
アジのビシ釣りは、ビシとテンビンを使った釣りです。サビキほど一度に沢山魚はかかりませんが、一発大物を狙う時はビシ釣りがオススメです。また、サビキでは釣れなくなったときの食い渋ったアジに威力を発揮します。
マダイの船釣り|タックル&仕掛け編
コマセマダイの仕掛けを紹介します。コマセマダイではコマセワークが重要です。そのため、タックルの決め手はロッドにあると言えます。あとはドラッグ性能の高いリールをセレクトすればモンスターマダイを捕ることができるはずです。
マダイの船釣り|攻略編
コマセマダイを攻略するためには何と言ってもタナ取りと誘いが重要です。コマセマダイの基本的なタナの取り方とコマセワークについて紹介しています。
イサキの船釣り 仕掛け編
イサキ釣り編では、夏の釣りを代表するイサキの船釣りを紹介します。 高級魚として名を連ねるイサキが、マキエに狂って入れ食いする様はまさに圧巻です。塩焼きでも最高に美味いイサキを是非とも釣り上げてください。
イサキの船釣り 攻略編
イサキの船釣り。イサキの仕掛けは、主にテンビンを使いコマセを捲いて釣るものですが、コマセとサシエの同調がうまくいかないと釣果が上がりません。ここではコマセワークについて紹介しています。
キンフグの船釣り仕掛け
キンフグ釣り編では、私のキンフグ釣りを紹介します。このキンフグ道具は手作りです。地方によってそれぞれ違いはあると思いますが、キンフグがいればどこでもこの道具で釣れると思います。
カワハギの船釣り仕掛け
カワハギ釣り編では、近年人気のカワハギ釣りを紹介します。カワハギは鍋でも刺身でも美味しいですが、中でも肝は海のフォアグラとも言われるほどで、その人気は絶大です。是非ともカワハギに魅了されてください。
カンパチの船釣り仕掛け
カンパチ釣り編では、カンパチの船釣りを紹介します。カンパチ釣りには、その性質から生きエサでの釣りが効果的だと思います。カンパチが生餌を追う瞬間はまさに手に汗を握ります。猛烈な走りを是非味わってください。
キスの船釣り仕掛け
シロギスの船釣りを紹介します。シロギスは、小さい割には引きも強くて食べてもうまい魚なのでファンも多いと思います。シロギスの刺身はもちろん、天ぷらで食べるシロギス美味さはもうたまりません。
ヒラメの船釣り仕掛け
ヒラメの船釣りを紹介します。食べて美味しいヒラメは釣れるととても嬉しいものです。また、ヒラメはおいそれと買える魚ではないので家族も大喜びです。座布団級のヒラメをの大物を是非とも釣り上げてくださいね。
ブリの船釣り
青物を代表するブリの船釣りを紹介します。ブリは主に冬場の釣りなので寒さが身にしみますが、ひとたびブリとのファイトになれば寒さなんか吹き飛びます。まさにブリは釣りの醍醐味を味わえるターゲットでしょう。
モンゴイカの船釣り
モンゴイカの船釣りを紹介します。モンゴイカは海底でエサを捕食しているため、モンゴイカを釣るにはエギを海底に沈める必要があります。モンゴイカはスミの多いイカなので沢山釣ってスミをかけられてください。