カサゴの船釣り

カサゴの船釣り仕掛けをご紹介します。

 

子供の頃は、堤防のテトラポットできびなごをエサにしてよく釣ったものでした。当時はほんとよく釣れたカサゴです。淡白な身はどんな料理にも愛称がいいので、私の家族も大好きな魚です。

 

釣り方も仕掛けもいたって簡単。カサゴはとにかく何でも食いつく魚なので、エサは何であろうと構いません。船釣りでは一般的にはサンマやサバ等の切り身を用いますが、生餌のアジにも食いつく貪欲さは他の魚を圧倒します。

 

あろうことか、自分の体よりも大きいアジに 食らいついて上がってくることもあるほどです。逆に言えばそれだけに簡単に釣れてしまうことが魚体数の減少の一因となっているようです。小さい魚はリリースして明日の釣りにつなげていきましょう。

カサゴの釣り方

仕掛けを落としオモリが着底したら糸フケを取り、上下にゆっくり動かして誘いをかけます。船を流したままなので、オモリが底をたたかなくなったら必ず底を取り直して誘ってください。

 

仕掛けは一番下にオモリをセットしたドウヅキ仕掛けで、2〜3本バリが一般的です。オモリは30号程度を使っています。

 

枝スの長さは20cm程度で、枝スの間隔は50cmくらい。そして、より海底に仕掛けを近づける工夫として、シンカーから最初の枝スは10〜15cmと短くするのがポイントです。餌にはサバの切り身を使用しています。

 

カサゴの捕食方法ですが、カサゴの目は上にあるため、カサゴは上から落ちてくるエサを海底から見上げて狙っています。常に底ダチを取りながら、探っていくようにしましょう。

 

底をとる釣りだけに根ガカリも非常に多くなります。仕掛けのスペアは十分に用意して釣行してください。

 

最後に、カサゴに似た魚には毒をもつものが多く、トゲに刺されると非常に痛みます。見分けが付かない方は、針外しには必ずイヤーを使うようにしてください。

カサゴ釣りの仕掛けとタックル

  • 竿:3m程度の先調子 深場ではオモリ負荷80〜120号 浅場では50号くらい
  •  

  • リール:両軸受けリール 2000番程度
  •  

  • 道糸:PEラインの2〜3号
  •  

  • ハリス:フロロカーボンの3〜5号程度を約1ヒロ程度
  •  

  • ハ リ:チヌ針3〜4号程度か根ガカリを考慮してムツや丸セイゴのネムリ
  •  

  • オモリ:30〜50号(水深や潮の速さで変わる)
  •  

  • エサ:サバやイカの切り身