イサキ 船釣り 仕掛け

スポンサードリンク

イサキの船釣り

 

イサキの船釣り仕掛けをご紹介します。初夏の船釣りの楽しみは「まさにイサキに尽きる」と言っていいくらい人気があるのがイサキです。イサキ釣りもマダイとほとんど変わりない仕掛けでオッケーです。

 

最近ではキロオーバーのイサキはなかなかお目にかかれなくなってきましたが、それだけに釣れたときの喜びもひとしおです。ぜひともキロオーバーのマダイをゲットしてください!

イサキの船釣り|ロッド編

ショートロッドと小型電動リールの組み合わせがイサキ釣りには最適で、ロッドは2m前後で、バランスは7:3〜6:4調子のロッドがベストな選択です。

 

どちらを選ぶかは好みの問題ですが、細かいコマセワークを目指すのなら7:3調子、大物のパワーをロッドでしっかり受け止めるなら胴部にパワーを持つ6:4調子のロッドになります。

 

ロッドの負荷表示クラスは20〜60号で大丈夫ですが、コマセビシをセットしたときに適正なバランスが出るロッドを選ぶようにしましょう。

 

私が愛用しているロッドは、「ダイワ リーディング 64 MH-190」です。6:4調子のロッドですが、船のライトゲームにぴったりなタイプのロッドでイサキ以外にも真鯛やヒラメ、イナダなどにも使えるので使い勝手のいロッドです。

 

どんな釣りで使っても、強さや仕掛けの操作性そして6:4調子のクッション性もあり食いのたった時にはベストなロッドです。

 

7:3調子のロッドであれば、ダイワのラインナップでは「ダイワ リーディング73 MH-200」がイチオシで、このロッドはコマセビシを使ったイサキ釣りには最適です。

 

ロッドホルダーが必要な場合は、ダイワ ライトホルダーメタル 90CHをおすすめします。

イサキの船釣り|リール&ライン編

リールのラインはPEの2〜3号が目安ですが、タナが取りやすいように1m表示がされているPEラインがいいと思います。釣り場にもよりますが、イサキ釣りはそれほど水深はないと思いますので100m巻ければ十分でしょう。

 

リールも同じくダイワのラインナップを紹介すると、電動リールなら「ダイワ(Daiwa) レオブリッツ(LEOBRITZ) 150」がイチオシの電動リール。

 

イサキに限らず、様々な魚とやり取りを楽しめるリールなので手元に置いておきたいリールの一つでもあります。また、電動リールなら手返しのスピードアップも格段に図れるでしょう!

イサキの船釣り|仕掛け編

イサキ釣りの仕掛けは、片テンビンとコマセビシ(ダイワの「シャベルビシ速攻IIシリーズがおすすめ)の組み合わせが一般的です。

 

片テンビンの長さは40〜45cmで、コマセビシはM〜Lサイズの80号程度を使っています。また、ハリスと片テンビンの間には、太さが1.5〜2mm程度で長さが50cmのクッションゴムをつけておいた方がいいでしょう。

 

ただし、クッションゴムが長すぎると仕掛けとマキエが同調しにくいので気をつけてください!

 

ハリスは、フロロカーボンで1.5〜3号。長さは潮の関係もありますが私は3〜6mでやっています。枝針は、枝長さ20cmで下針から80cmが一本目の枝スで、1本目から同じく80cm上が2本目の枝スになります。

 

針はチヌバリの3〜4号がいいでしょう。最近は、夜行などのカラーコーティングされたものをよく使っています。針のチモトには「ちもとホタル」なんかでアピールするのもおもしろいでしょう。

スポンサードリンク

関連ページ

アジのサビキ釣り
サビキでのアジ釣りをご紹介します。サビキ釣りは岸壁でもよく見かける光景ですが、船上でのサビキ釣りではアジ以外に嬉しい外道も多いものです。私も釣行にはサビキを必需品にしています。大変便利な仕掛けですよね。
アジのビシ釣り
アジのビシ釣りは、ビシとテンビンを使った釣りです。サビキほど一度に沢山魚はかかりませんが、一発大物を狙う時はビシ釣りがオススメです。また、サビキでは釣れなくなったときの食い渋ったアジに威力を発揮します。
マダイの船釣り|タックル&仕掛け編
コマセマダイの仕掛けを紹介します。コマセマダイではコマセワークが重要です。そのため、タックルの決め手はロッドにあると言えます。あとはドラッグ性能の高いリールをセレクトすればモンスターマダイを捕ることができるはずです。
マダイの船釣り|攻略編
コマセマダイを攻略するためには何と言ってもタナ取りと誘いが重要です。コマセマダイの基本的なタナの取り方とコマセワークについて紹介しています。
イサキの船釣り 攻略編
イサキの船釣り。イサキの仕掛けは、主にテンビンを使いコマセを捲いて釣るものですが、コマセとサシエの同調がうまくいかないと釣果が上がりません。ここではコマセワークについて紹介しています。
カサゴの船釣り仕掛け
カサゴ釣りのページでは、カサゴの船釣りを紹介します。個人的にカサゴ釣りには特に難しい技術は必要ないと思いますが、カサゴが岩礁帯を好む魚なのでよく根掛りをします。替えの仕掛けを多めに作って釣行しましょう。
キンフグの船釣り仕掛け
キンフグ釣り編では、私のキンフグ釣りを紹介します。このキンフグ道具は手作りです。地方によってそれぞれ違いはあると思いますが、キンフグがいればどこでもこの道具で釣れると思います。
カワハギの船釣り仕掛け
カワハギ釣り編では、近年人気のカワハギ釣りを紹介します。カワハギは鍋でも刺身でも美味しいですが、中でも肝は海のフォアグラとも言われるほどで、その人気は絶大です。是非ともカワハギに魅了されてください。
カンパチの船釣り仕掛け
カンパチ釣り編では、カンパチの船釣りを紹介します。カンパチ釣りには、その性質から生きエサでの釣りが効果的だと思います。カンパチが生餌を追う瞬間はまさに手に汗を握ります。猛烈な走りを是非味わってください。
キスの船釣り仕掛け
シロギスの船釣りを紹介します。シロギスは、小さい割には引きも強くて食べてもうまい魚なのでファンも多いと思います。シロギスの刺身はもちろん、天ぷらで食べるシロギス美味さはもうたまりません。
ヒラメの船釣り仕掛け
ヒラメの船釣りを紹介します。食べて美味しいヒラメは釣れるととても嬉しいものです。また、ヒラメはおいそれと買える魚ではないので家族も大喜びです。座布団級のヒラメをの大物を是非とも釣り上げてくださいね。
ブリの船釣り
青物を代表するブリの船釣りを紹介します。ブリは主に冬場の釣りなので寒さが身にしみますが、ひとたびブリとのファイトになれば寒さなんか吹き飛びます。まさにブリは釣りの醍醐味を味わえるターゲットでしょう。
モンゴイカの船釣り
モンゴイカの船釣りを紹介します。モンゴイカは海底でエサを捕食しているため、モンゴイカを釣るにはエギを海底に沈める必要があります。モンゴイカはスミの多いイカなので沢山釣ってスミをかけられてください。