イサキの船釣り

 

イサキの船釣り仕掛けをご紹介します。初夏の船釣りの楽しみは「まさにイサキに尽きる」と言っていいくらい人気があるのがイサキです。イサキ釣りもマダイとほとんど変わりない仕掛けでオッケーです。

 

最近ではキロオーバーのイサキはなかなかお目にかかれなくなってきましたが、それだけに釣れたときの喜びもひとしおです。ぜひともキロオーバーのイサキをゲットしてください!

イサキの船釣り|ロッド編

ショートロッドと小型電動リールの組み合わせがイサキ釣りには最適で、ロッドは2m前後で、バランスは7:3〜6:4調子のロッドがベストな選択です。

 

どちらを選ぶかは好みの問題ですが、細かいコマセワークを目指すのなら7:3調子、大物のパワーをロッドでしっかり受け止めるなら胴部にパワーを持つ6:4調子のロッドになります。

 

ロッドの負荷表示クラスは20〜60号で大丈夫ですが、コマセビシをセットしたときに適正なバランスが出るロッドを選ぶようにしましょう。

 

私が愛用しているロッドは、「ダイワ リーディング 64 MH-190」です。6:4調子のロッドですが、船のライトゲームにぴったりなタイプのロッドでイサキ以外にも真鯛やヒラメ、イナダなどにも使えるので使い勝手のいロッドです。

 

どんな釣りで使っても、強さや仕掛けの操作性そして6:4調子のクッション性もあり食いのたった時にはベストなロッドです。

 

7:3調子のロッドであれば、ダイワのラインナップでは「ダイワ リーディング73 MH-200」がイチオシで、このロッドはコマセビシを使ったイサキ釣りには最適です。

 

ロッドホルダーが必要な場合は、ダイワ ライトホルダーメタル 90CHをおすすめします。

イサキの船釣り|リール&ライン編

リールのラインはPEの2〜3号が目安ですが、タナが取りやすいように1m表示がされているPEラインがいいと思います。釣り場にもよりますが、イサキ釣りはそれほど水深はないと思いますので100m巻ければ十分でしょう。

 

リールも同じくダイワのラインナップを紹介すると、電動リールなら「ダイワ(Daiwa) レオブリッツ(LEOBRITZ) 150」がイチオシの電動リール。

 

イサキに限らず、様々な魚とやり取りを楽しめるリールなので手元に置いておきたいリールの一つでもあります。また、電動リールなら手返しのスピードアップも格段に図れるでしょう!

イサキの船釣り|仕掛け編

イサキ釣りの仕掛けは、片テンビンとコマセビシ(ダイワの「シャベルビシ速攻IIシリーズがおすすめ)の組み合わせが一般的です。

 

片テンビンの長さは40〜45cmで、コマセビシはM〜Lサイズの80号程度を使っています。また、ハリスと片テンビンの間には、太さが1.5〜2mm程度で長さが50cmのクッションゴムをつけておいた方がいいでしょう。

 

ただし、クッションゴムが長すぎると仕掛けとマキエが同調しにくいので気をつけてください!

 

ハリスは、フロロカーボンで1.5〜3号。長さは潮の関係もありますが私は3〜6mでやっています。枝針は、枝長さ20cmで下針から80cmが一本目の枝スで、1本目から同じく80cm上が2本目の枝スになります。

 

針はチヌバリの3〜4号がいいでしょう。最近は、夜行などのカラーコーティングされたものをよく使っています。針のチモトには「ちもとホタル」なんかでアピールするのもおもしろいでしょう。