マダイの船釣りおすすめタックル〜ロッド

マダイの船釣り仕掛けをご紹介します。ここでは、テンビンを使ったコマセマダイのタックルについて紹介しています。

 

まずはロッドですが、マダイのコマセ釣りに使うロッドは胴調子のロッドで長くても2.7〜3.3mくらいまで。それ以上長いと船の上では扱いにくくなります。

 

最近私が新調したロッドが、シマノから新発売された「海攻マダイリミテッド」です。はんぱない値段ですが、感度が抜群に違うし何よりも釣っていてすごく楽しくなります。なので思い切って買ってよかったです。

 

ここまで高いものでなくても、ダイワのダイワ 潮流VJ 20−270なんかもビシ80号クラスのエリアであればおすすめできるロッドです。

 

その他の汎用ロッドでも十分対応できますが、大切なのは水深とオモリの関係を釣り具屋さんでしっかり確認して選んでください。

マダイの船釣りおすすめタックル〜リール&ライン

マダイ釣りは、水深のある場所での釣りになるのでやっぱり電動リールがおススメです。ある程度の電動リールで事足りますが、一番気にしてほしいのはドラッグ性能です。でかいマダイが食った時には、このドラッグが効かないリールは負けてしまいます。

 

ラインはPEの3〜4号で、水深がきっちりわかるように1mごとのマーカーと10mごとのマーカーがついてるラインを選ぶようにしてください。

マダイの船釣りタックル〜ロッドホルダー

ロッドホルダーもマダイ釣りには必需品です。乗合になれば船についているかと思いますが、マイボート釣り師には絶対必要です。中型が汎用性がありますが、小型でも大丈夫です。どちらかそろえた方が釣っててとても楽になります。

マダイの船釣り仕掛け

45〜50cmサイズの片テンビンとコマセビシを使います。コマセビシはダイワの「ダイワ シャベルビシ速攻2」のLサイズか、このクラスの60〜80号のコマセビシを使うといいでしょう。マキエには、アミまたは沖アミを使います。

 

マキエの出加減はパラパラ程度で少なめにしてください。そのため、ビシの上下の窓は閉じ気味(シャベルビシだと上が1/2から1/3、下は6mm程度を目安)にして使います。

 

ハリスの上にはクッションゴム(直径1.5〜2mmで長さ1m)を使います。)ハリスは、フロロカーボンの3〜5号で、釣り場にもよりますが長さは7〜15mです。乗合船であれば事前に船宿で確認してください。

 

ハリはマダイ専用の8〜10号かグレの8〜10号を使います。食い渋りのときは、ハリの大きさを落としてみると案外食ってくることがあるので、6・7号のハリも準備しておくといいでしょう。

 

最後につけ餌ですが、M〜Lサイズの沖アミを1匹掛けでまっすぐなるようにハリに付けます。