船釣り 仕掛け

船釣り記事一覧

釣り人に広く親しまれているサビキを使ったアジ釣りをご紹介します。このサビキ釣りですが、地方によってアジの好みが違うようで、同じサビキで日本全国どこでも食うとは限らないようです。所かわればエサも変わるからでしょうか?ちなみに私の地方ではスキンよりもウーリーの方が食いがいいようです。皆さんも色々とチャレンジしてみると食いの違いが分かると思います。是非オリジナルのサビキで大漁をアジわってください。

アジのビシ釣りでは、ビシとテンビンを使ったアジ釣りを紹介します。ビシ仕掛けの長所は、テンビンを用いて長い仕掛けを使うため海中にエサを自然に漂わせることができることです。 そのため食い渋ったアジや大型のアジに特に威力を発揮する仕掛けです。数はサビキにかないませんが、食わなくなったときや大型を狙うときにはこのビシ仕掛けをお勧めします。

マダイの船釣り仕掛けをご紹介します。ここでは、テンビンを使ったコマセマダイのタックルについて紹介しています。まずはロッドですが、マダイのコマセ釣りに使うロッドは胴調子のロッドで長くても2.7〜3.3mくらいまで。それ以上長いと船の上では扱いにくくなります。最近私が新調したロッドが、シマノから新発売された「海攻マダイリミテッド」です。はんぱない値段ですが、感度が抜群に違うし何よりも釣っていてすごく楽...

マダイの最盛期は年に2回あり、春の乗っ込みに秋の落ち真鯛とよく言われます。大物は全国的にみても春の乗っ込み時期の方が多いようで、3キロ以上の大物真鯛がよく釣れています。最近では、インチクをはじめとして、もともと漁具だったものがルアーとして改良され、船釣りでもルアーターゲットとしての真鯛人気も髄分と高まってきました。ルアーに限らず、昔から人気のある魚だけに、その釣法や仕掛けも多種多様。全てを説明する...

イサキの船釣り仕掛けをご紹介します。初夏の船釣りの楽しみは「まさにイサキに尽きる」と言っていいくらい人気があるのがイサキです。イサキ釣りもマダイとほとんど変わりない仕掛けでオッケーです。最近ではキロオーバーのイサキはなかなかお目にかかれなくなってきましたが、それだけに釣れたときの喜びもひとしおです。ぜひともキロオーバーのマダイをゲットしてください!

イサキの釣り方ですが、真鯛にくらべ口が弱いイサキにはやや先調子のロッドが適していると言われます。私が愛用しているロッドは、イサキの船釣り 仕掛け編でも紹介した「ダイワ リーディング 64 MH-190」です。以前は船釣り用の汎用ロッド1本で真鯛などほかの魚にも併用して使っていたのですが、このリーディング64に変えてからはより確実にイサキをしとめることができるように思えます。しかも、おもり負荷は30...

カサゴの船釣り仕掛けをご紹介します。子供の頃は、堤防のテトラポットできびなごをエサにしてよく釣ったものでした。当時はほんとよく釣れたカサゴです。淡白な身はどんな料理にも愛称がいいので、私の家族も大好きな魚です。釣り方も仕掛けもいたって簡単。カサゴはとにかく何でも食いつく魚なので、エサは何であろうと構いません。船釣りでは一般的にはサンマやサバ等の切り身を用いますが、生餌のアジにも食いつく貪欲さは他の...

キンフグの船釣りとその仕掛けをご紹介します。船釣りというよりもキンフグを引っ掛けて取る方法で、要領はハゲ掛けの場合と同じです。ただ、キンフグはハゲより大きな魚なので道具も仕掛けも当然大きくなります。作るのに少し手間もかかりますが、鉄工所あたりに頼んだらもしかしたら作ってくれるかもしれません。地方によって道具の違いもあるとは思いますが、どこでもこの道具でやれると思います。キンフグの皮はサビキを作る事...

カワハギの船釣りと仕掛けを紹介します。カワハギにはいろんな種類があるようで、ウマヅラハギと違い、体に黄色の縞模様のあるカワハギがこの釣りを代表する対象魚になります。この魚のことを、私の地方ではキンツと呼んでおり、この名前で多くの釣り人に親しまれています。また、カワハギはその名の通り皮がはがれるのでカワハギといい、この皮は乾かしてサビキとしてもよく使われます。船釣りでの釣り方はドウヅキ仕掛けが主体で...

カンパチを船から狙う場合、私は生きたアジを泳がせて釣る「泳がせ釣り」を主な釣り方としています。ここでは、泳がせ釣りの仕掛けをご紹介します。満福丸の地方では、雑誌でよく紹介されているようなカンパチ泳がせ釣りに使うムロアジ等は釣れませんので、まずサビキで子アジを釣ってそれをエサとして使っています。船に乗り初めの頃は、カンパチのポイントがよく分からなかったため、海図に載っている漁礁周辺や、サビキで子アジ...

シロギスの船釣りと仕掛けをご紹介します。シロギス釣りは、船釣りの中でも手軽にできる釣りです。仕掛けも釣り方も簡単で、タックルも特にそろえなくても手持ちの竿で十分でしょう。私は専用ロッドを使用していますが、専用ロッドがない場合はバスロッド等でも十分転用可能です。また、エサのゴカイを持って気軽に行ける釣りなのでマイボートをお持ちの方には家族で楽しめるのではないでしょうか?シロギス釣りでは、ネズミゴチ等...

ヒラメの船釣りと仕掛けをご紹介します。ヒラメの仕掛けや釣り方も様々ありますが、ここでは生きエサを使ったヒラメの船釣りをご紹介します。生きエサの場合、イワシを使うのが一般的ですが、エサにする生きたイワシが手に入りづらいことも多いかと思います。その時は子アジをエサに使うといいと思います。ヒラメは数釣りのできる魚ではありませんが、粘れば釣果があるはずです。また、ヒラメは食べてうまい魚なので、釣れれば家族...

ブリの船釣り編では、青物を代表するターゲットの中で特に人気の高いブリをテンビン仕掛けで狙う船釣りをご紹介します。私のエリアでは9月頃からツバスサイズが釣れ始めますが、ツバスが釣れ始めたらいよいよシーズン到来。ツバスはハマチの幼魚のことで、ブリと呼ばれるサイズには程遠く、その魚体は50cm程度とまだまだ小ぶりです。けれど、スピード感あふれるツバスの引きに、これから始まる寒ブリシーズンに心踊らされる釣...

モンゴイカ釣り編では、船からのモンゴイカ釣りを紹介します。モンゴイカはアオリイカと違い砂地を好んで生息しています。また、海底付近でエサを捕食するため、海底まで仕掛けを沈める必要がある事もエギングとは少し異なるところでしょう。ですが、エギの操作は基本的にはモンゴイカもアオリイカと同じと考えてください。仕掛けを沈める場合、手釣りでは下のような手作りのオモリを使って海底までエギを沈めます。竿の場合は竿の...