アンカーの根掛かりを解消するアンカーロードシステム

アンカーロード

 

アンカーロードとは、アンカーと船とをつなぐロープやチェーンのことです。

 

ロープの太さは船の大きさにもよりますが、35ftクラスであれば12mmは欲しいところです。柔らかくて手触りのいいものを選んでください。一般的に8打ロープの方がよれにくいとも言われています。

 

チェーンは、砂泥用のアンカーには必ず必要でしょう。なぜなら、チェーンの重みでアンカーを水平にして砂を引くことによりアンカーの効きをよくしているからです。この時チェーンの長さは3mは必要です。

 

反対に、岩礁用のアンカーではチェーンは不要とされています。なぜなら岩場にチェーンがはまり込む事によってアンカーを失う原因になりかねないからです。けれど、根ズレによるロープ保護のためには効果がありますので私は使用しています。チェーン以外にもビニールホースなんかも根ズレには効果的です。

 

参考になるか分かりませんが、根ガカリからアンカーを回収できるように私はアンカーとロープ及びチェーンの接続は写真のようにしています。

 

アンカーロード

 

アンカーとチェーンをこの部分で縛る事により、万一フルーク(爪)が根ガカリしたとしてもウィンチで強く引く事でヒモが切れ、チェーンでアンカーをフルーク(爪)側から引くことができるのです。これによって根ガカリからの回収率はとても高まります。