船釣り 基礎知識

船釣り基礎知識記事一覧

自分が船長であれば、その日の状況や季節を考えて釣行ポイントを選定する作業が必要になります。魚のいる場所、またはいそうな場所を見つけ出しそのポイントに仕掛けを投入してアタリを待つ。これがが船釣りにおいてのセオリーと言えます。どんな名人でも魚がいなければ釣れないのは当たり前。けれど、どんな場所に魚がいるのか?この広い海の中からその日のターゲットや条件によってポイントを絞り込んでいくことは経験豊富なベテ...

船釣りには情報収集はかかせません。釣り仲間の情報も大いに役に立ちますが、それ以外にも海図や海底地形図から情報収集することも大切な作業です。少々めんどくさい感じもしますが、これまでお話してきた内容をもとにチャートからポイント探してみてください。この作業は以外に効果的です。まず何よりも探したポイントから1日の釣行プランを立てられるのでムダがなくなります。そして、以外な好ポイントを見つけられる手段でもあ...

アンカリングは船釣りにおいて欠かせないテクニックであり、船釣りでは、アンカリング次第で釣果が左右されるものです。そのため、アンカリングは釣果アップに直接つながるとても効果的なテクニックでもあり、最強の操船コントロールとも言えます。けれど、このアンカリングは、釣る魚や釣法でそれぞれに違いがあり、その方法も実に多彩です。魚の特徴や釣法とも合わせて理解する必要があるため慣れないうちは何度もアンカーを入れ...

アンカリングする場合、ポイントに他の船がいる時は自分の船を同じ方向に向けてアンカーを入れているのは皆さんも同じだと思います。大変なのは船がいない時ですね。この場合の私のアンカリング方法を2通り紹介します。と言っても大したことはありませんのであしからず。それと、これは以下のどちらとも共通することですが、アンカリングでは、基本的に水深の1.5〜3倍の長さのロープを出して船を固定しますので、釣る魚や釣法...

アンカーロードとは、アンカーと船とをつなぐロープやチェーンのことです。ロープの太さは船の大きさにもよりますが、35ftクラスであれば12mmは欲しいところです。柔らかくて手触りのいいものを選んでください。一般的に8打ロープの方がよれにくいとも言われています。チェーンは、砂泥用のアンカーには必ず必要でしょう。なぜなら、チェーンの重みでアンカーを水平にして砂を引くことによりアンカーの効きをよくしている...

魚群探知機は、画面の映る本体と超音波を送受信する振動子によって構成されており、この振動子が発する超音波の特性によって魚群探知機の性能は大きく左右されます。なので自分の釣り場にあった魚探を購入するには超音波のもつ特性を知る必要があるのです。ここでは魚探の仕組みや超音波の特性について簡単に説明してみたいと思います。